腰痛の原因と対処方法

腰痛に悩む女性

慢性的な腰痛で悩んでいませんか?

  • デスクワークや立ち仕事で腰がつらい
  • 腰や骨盤に違和感がある
  • 腰が重い状態がずっと続いている

まれに内臓などの重い病気が潜んでいる可能性もありますので、まず整形外科に行くのはおすすめです。でも「湿布を渡されただけ」という方がとても多いです。なぜでしょうか?

腰痛の原因

2012年に日本整形外科学会と日本腰痛学会は、「慢性的な腰痛にはストレスが影響しており、腰痛の約85%が画像検査で原因が特定できない」とガイドライン内で発表しました。

ストレスが腰痛に影響する理由

痛みが続くと脳から痛みを和らげる物質が出るのですが、ストレスが長く続くとそのはたらきが低下して痛みを感じやすくなることが分かっています。

ストレス以外の原因

レントゲンの検査対象は主に骨や神経であり、関節や筋肉の動きは画像では把握しにくいです。この、関節や筋肉のアンバランスが原因として考えられます。関節や筋肉のアンバランスとは主に、一部の筋肉に縮みグセがついて猫背や反り腰になった状態です。

猫背と反り腰

背骨はS字カーブになっています。これがバネのような働きをして衝撃を緩和しています。

理想的なS字カーブが崩れると、腰など一部に負担が集中しやすくなります。猫背や反り腰が良くないとされるのはそのためです。

整体での改善方法

整形外科で異常が無ければ、整体で体のバランスを整えるのがおすすめです。

しかし、歪みは強いクセになっているので調整してもすぐ戻ることがほとんど。5~10回はかかりますし、その後も定期的なメンテナンスが必要です。

一般的に、「誰かに強制されたこと」は継続しませんよね。逆に「自分が自発的にすること」は継続しやすいものです。

整体でも同じことがいえます。外側から加える力で歪みを整えても、その状態はなかなか定着しません。しかし内側から自分の力で整えると、良い状態が定着しやすいのです。

いやさか整体院ならではの改善方法

だからこそ当店では、「自ら歪みを整える力」を引き出すよう、ソフトな施術でサポートします。歪みが自然に整って筋肉も柔らかくなっていき、一般的な施術に比べて少ない回数でしっかり良くなり、ぶり返しも少ないことが期待できます。

脳の活性化をうながす施術もしますので、腰痛の原因の一つとされるストレス緩和にも効果が期待できます。

ご自宅でできる対処方法

ご自宅でできる対処方法をご紹介します。軽度の腰痛であれば良くなる場合もあります。

姿勢に気をつける

姿勢に気をつけましょう。良い姿勢とは横から見て、耳、肩先、骨盤、くるぶしが一直線になることです。ただし、筋肉のバランスが崩れているので、良い姿勢を取ろうとしても不要な力が入ってしまい、疲れて続かない・・・となりがちです。根本的には筋肉や骨格のクセをリセットする必要があります。

寝方に気をつける

腰痛がある場合、一般的に固めの布団の方が楽なことが多いです。あおむけの場合は膝を立ててひざの下にクッションを挟むと腰が楽になりやすいです。横向きでエビのように丸まるのも楽になりやすいです。

デスクワークは休憩をはさむ

デスクワークの方は1時間に1回は立ち上がるなど、同じ姿勢が続かないようにしましょう。

体の使い方に気をつける

重いものを持つ時は、物に近いところでしゃがみ、背中をまっすぐにしたまま膝とおしりを曲げ、主に下半身の力で持ち上げるのがコツです。

温める

お風呂、ドライヤー、ホットパックなどで腰を温めると血行が良くなり、腰痛の緩和にも役立ちます。

体重を減らす

体重が重いと腰に負担がかかります。重いお腹を支えるために反り腰になりがちです。体重が気になる方は、適度な運動や食生活の見直しで体重を減らしましょう。

ストレス解消をこころがける

簡単な体操、ゆったりとした音楽、趣味など、好みの方法でストレス解消をこころがけましょう。

まとめ

整形外科で異常が無ければ、自宅でのケアでも対処できますが、やはり体のバランスを整える整体がおすすめです。五反田、大崎の【いやさか整体院】は腰痛が得意です。初回は半額で受けられますのでぜひご利用ください。

初回半額
webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正

トップへ電話するWEB予約

トップへ