腱鞘炎(ドケルバン病、ばね指)


五反田の【いやさか整体院】では腱鞘炎・ばね指の改善実績があります。
こちらのページでは腱鞘炎が起こる原因と背骨の歪みの関係性についてお伝えします。

指が動く仕組み

腱鞘炎が起こる原因を知るには、まず指が動く仕組みについて理解する必要があります。

筋肉が収縮して関節が動く

筋肉は関節をまたぐように存在し、その両端は骨にくっついています。
筋肉が収縮することで骨が引っ張られ、関節が曲がったり伸びたりします。

腕から指先へ伸びている「腱」

筋肉が骨にくっついている部分は繊維を束ねたひものような形状をしており、これを「腱」と呼びます。
指先には筋肉がなく、代わりに細長い「腱」が前腕の筋肉と指の骨をつないでいます。
指を曲げるときは腕の筋肉が縮んで腱を引っ張るため指の関節が曲がります。
指を伸ばすときは手の甲側を通る腱が別の腕の筋肉に引っ張られることで指の関節が伸びます。

腱を包む「腱鞘」

手首や指のそれぞれの関節には、腱を包むパイプのような形の「腱鞘」が存在します。
腱鞘は、筋肉に引っ張られた腱が骨から離れて浮き上がらないように動きをガイドする役割があります。
また腱鞘の中の「滑液(かつえき)」という潤滑液があることで、腱がスムーズに動作できるようになっています。

腱鞘炎とは

指が動く仕組みについて理解したところで、腱鞘炎について説明していきます。
腱鞘炎とは「腱と腱鞘がこすれて炎症を起こしている」状態を指します。
そこにはなんらかの理由で腱鞘が厚くなったり、腱鞘の中の滑液の潤滑が間に合わないなどといった理由があります。

腱鞘炎にかかりやすいタイプ

症状がみられやすいのは以下のような方です。
・手や指先をよく使う方(パソコンや筆記用具の使用、楽器演奏など)
・糖尿病、関節リウマチ、透析患者など、炎症が起こりやすい状況にある方
・妊娠中、出産後、または更年期以降の女性など、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が少ない方

手指を酷使することで腱鞘炎が発症することはよく知られていますが、それ以外の要因として男性よりも女性に多く発症することが分かっています。
女性ホルモン「エストロゲン」には炎症を抑える作用があり、腱や腱鞘の腫れを取るはたらきをしています。
しかしエストロゲンの分泌量が減ることで炎症を抑える力が弱まるため、腱鞘炎になりやすくなると言われています。

腱鞘炎には2種類あります

腱鞘炎には大きく分けて「手首の腱鞘炎」と「指の腱鞘炎」の2種類があります。

手首の腱鞘炎「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」

手首の親指側にある腱鞘で起こる腱鞘炎はドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と呼ばれ、腫れや痛みが起こります。
重いものを握って持ち上げるなど親指の使いすぎが原因で、大きな負荷から腱鞘が厚くなったり腱が傷んだりして炎症が生じたものです。
親指を広げる、反らす動作で強い痛みを感じます。

指の腱鞘炎と、進行して起こる「ばね指(弾発指)」

指の腱鞘炎は親指、中指、薬指で発生しやすい症状です。
指のつけ根付近に負荷がかかることで腱と腱鞘の間に炎症が起こって腱鞘炎となり、腫れや痛みが生じます。
病状が進行すると、ばね指(弾発指)になることがあります。指を伸ばすときに引っかかりを感じ、引っかかった指を伸ばそうとすると弾けるように伸びる動きをします。
腱がむくむ朝に症状が強く起こりやすく、むくみが取れる日中は引っかかる感覚が軽減します。

背骨の歪みと腱鞘炎の関係

背骨が歪むと全身に影響が出ます。背骨からは一見距離があるように見える手や指も例外ではありません。
なぜなら「体はつながっている」からです。

背骨が歪むと、背骨を取り巻く筋肉や腱が引っ張られます。
体はつながっているため、引っ張られた分の歪みが伝わって腕の骨や筋肉、腱にも歪みやねじれが起こります。
この歪みやねじれが腱と腱鞘の摩擦を生み出す原因になっています。
実際、ばね指を起こしやすい方は、猫背だったり首が前に傾いている(ストレートネック)といった特徴をお持ちの方が多いです。
姿勢の悪さから背骨が歪み、筋肉や腱も歪みを起こしていると考えられます。

また、歪みから引っ張られた筋肉は歪んだまま全身のバランスを取ろうとするため、余分な負担がかかって緊張で硬くなります。
腱鞘炎でお悩みの方は特に前腕の筋肉がかなり硬くなっていることが多いです。
筋肉と腱はつながっているため、筋肉の硬さが腱のスムーズな動きを阻害していると考えられます。

腱鞘炎の改善実績、あります

いやさか整体院では腱鞘炎にも対応しています。
ここまで説明したとおり、腱鞘炎といっても炎症を起こしている部分だけに原因があるとは限りません。
根本原因がどこにあるのか見極めるため、きちんと診察したのち施術させていただきます。

当院では人間がもつ自然治癒力をアップさせる施術を行っていますので、腫れや痛みが引くスピードが上がります。
また腱鞘炎の原因が背骨の歪みからきている場合、この歪みを取ることによって腱鞘炎が改善するだけでなく、首のコリ・肩のコリ・腰痛の改善にもつながります。

腱鞘炎でお悩みの方、ぜひ一度いやさか整体院へお越しください。

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正

トップへ