マタニティ整体

産前の骨盤ケアについてご説明します。マタニティ整体をご検討の方は、いやさか整体院をご利用ください。

妊娠中の症状とその原因

妊娠してマタニティ整体を検討している女性

妊娠すると背中・腰・股関節・膝などが痛んだり、肩こりやむくみが起こることがあります。妊娠初期(~妊娠4カ月まで)ぐらいの時期で、まだそんなにお腹が大きくなっていなくてもこのような症状が起こります。

これらの症状と骨盤がどのように関係しているのでしょうか。

女性ホルモン「リラキシン」

kotsuban

まず、女性は妊娠すると出産に備えて骨盤が広がりやすくなります。骨盤と言っても骨盤全体ではなく、骨盤の下方にある「恥骨結合」の部分です。

妊娠3ヶ月頃より卵巣・子宮・胎盤からリラキシンというホルモンが分泌されます。このホルモンで筋肉や靭帯がのびやすく、関節もやわらかくなります。すると骨盤がゆるんで広がりやすくなります。

ライフスタイルの変化と骨盤への影響

一昔前は歩いたり、立ったりしゃがんだりするような動作が日常生活にあふれていました。丈夫な筋肉や靭帯が自然と形作られて骨盤もかたく締まっていたことから、妊婦さんはリラキシンの分泌によってちょうどよく骨盤がゆるんでいたのです。

しかし現代人のライフスタイルは以前とは違います。体を使う機会が減ったことで筋肉や靭帯は弱くなり、骨盤がゆるみやすくなっています。そこへリラキシンの分泌が行われると骨盤がゆるみすぎてしまうのです。

骨盤がゆるみすぎるとどうなる?

骨盤がゆるみすぎるた場合、以下のような症状が現れます。

・骨盤がゆるみすぎて背骨が前傾し、それを支えるため肩から腰の筋肉が緊張します。そこへ赤ちゃんの体重がかかってさらに筋肉へ負担がかかり、肩こりや腰痛が起こります。
・内臓が下がり、尿もれ・頻尿・便秘が起こりやすくなります。
・子宮も下がって圧迫されるため、血行不良による体の冷え・むくみ・妊娠高血圧症候群が起こる可能性があります。
・赤ちゃんが下りやすくなり、早産になる可能性が高まります。

骨盤の歪みも影響する

さらに姿勢の悪さや普段の生活習慣から骨盤が歪んでしまっている場合、以下のような影響もあります。
・歪んだ状態で骨盤が広がろうとして痛みが起こります。
・赤ちゃんを包む袋である胎嚢(たいのう)の形が歪んでしまい、逆子になる可能性が高まります。

骨盤ケアで期待できる効果とタイミング

骨盤ケアで期待できる効果

ゆるみすぎた骨盤が適度に締まり、歪みが取れることによる効果をまとめます。
・背中、腰、股関節、膝の痛みの改善
・肩こり、冷え・むくみの改善
・尿もれ・頻尿・便秘の改善
・妊娠高血圧症候群のリスクの低下
・早産のリスクの低下
・逆子のリスクの低下

妊娠中の骨盤ケアは妊婦さんだけでなく、胎内の赤ちゃんにとっても有益なのです。

骨盤ケアのタイミング

リラキシンは妊娠初期から産後まで分泌され続けます。この期間は筋肉や靭帯、関節などがやわらかくなっていることから、通常より骨盤が歪みやすい時期と言えます。しかし適切なケアを行うなら、逆に通常より歪みを直しやすい時期とも言えるのです。

いやさか整体院ではマタニティ整体として、妊娠中の骨盤矯正を平均的に6回を目安におすすめしています。妊婦さんの状態に応じて必要な回数をご提案します。

安定期に入って経過が良好であり、妊婦さん自身の体調がよければ施術可能です。かかりつけの産婦人科の医師に許可をもらってからお越しくださると安心ですね。出張整体も行っていますのでお気軽にご相談ください。

いやさか整体院のマタニティ整体の特徴

いやさか整体院のマタニティ整体は安全な施術が特徴です。優しく触れる程度のタッチで骨盤などを調整します。赤ちゃんにもできる施術ですのでご安心ください。
骨盤ケアはもちろん、妊婦さんが万全な体調で出産に臨めるよう、体全体の調子を整えて元気になっていただくことを目指します。

なお、出産後は産後の骨盤矯正もお任せください。

五反田、大崎でマタニティ整体をお探しの方、妊娠中の体調不良でお困りの方はいやさか整体院へ一度お越しになってみてください。今なら初回は半額で受けられます。五反田駅から徒歩7分、大崎駅から5分です。

初回半額

トップへ電話するWEB予約

トップへ