PMS(月経前症候群)

PMS(月経前症候群)でお困りの方、整体も一つの方法です。五反田の【いやさか整体院】にぜひご相談ください。

PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)で整体を検討する女性

PMSとは月経前症候群【Premenstrual Syndrome】の略です。

「月経の3~10日前に起こる心と体のさまざまな症状」が「日常生活に支障をきたすほど強く現れている」場合、PMS(月経前症候群)と診断されます。排卵後から月経がはじまるまでの期間に症状が起こり、「月経がはじまると治まっていく」ことも特徴です。

日常生活に影響が出ないレベルも含めると、月経がある年代の女性のうち7~8割が月経前に何らかの不調を感じています。そしてPMSの基準となる「日常生活に支障をきたす」ほど重い症状は、2~4割が経験しているという調査結果があります。

PMSは20~30代女性に多くみられ、耐えがたいほど症状がひどいことから仕事を休んだり、気持ちが不安定になって周囲の人とのコミュニケーションに支障が出ることもあります。

PMS(月経前症候群)の症状

PMS(月経前症候群)は心と体の両方に渡って起こります。

◎心の症状
・イライラ、やつ当たり
・不安感
・憂うつ感
・情緒不安定
・注意力の低下
・無気力
・涙が出る
・孤独感

◎体の症状
・頭痛
・肩こり
・動悸
・乳房の張り、痛み
・にきび、吹き出物、肌荒れ
・食欲が増す
・下腹部の痛みや膨満感、便秘、下痢
・むくみ
・疲れやすい、眠くなる

PMSの原因

一般に、PMSが起こる原因は明確にはわかっていません。ただし症状を起こすきっかけは女性ホルモンの変動にあると考えられています。

月経に大きく関係するのは二大女性ホルモン、エストロゲンとプロゲステロン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)です。

PMSに特に関係が深いとされるのはプロゲステロンで、このホルモンは妊娠の準備を行う、または妊娠が成立した場合は妊娠を維持する働きをします。プロゲステロンは排卵後に分泌量が増え、それとともに乳腺を発達させる、体内に水分や栄養を溜め込む、体温を上げるといった、妊婦さんに適した体をつくろうとします。

つまりPMSのうち体の症状については、このように妊娠に適した体への変化が強く表面にあらわれたものと考えられます。

一方、心の症状が起こる原因については解明されていません。現在の有力な説としては脳内神経伝達物質セロトニンの不足が挙げられます。

月経前になるとエストロゲンとプロゲステロンが体の中から減っていきますが、それに伴ってセロトニンの分泌量も減っていきます。いわゆる「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが減ることで、心のバランスを取りにくくなり、さまざまな症状があらわれるという説です。

PMSを改善する

病院でのPMSの治療ですが、まずはカウンセリングや生活指導で症状の改善を図り、改善がみられない場合は薬物療法を行います。

・カウンセリングでは日々の症状を記録し、症状が出やすいタイミングをみながら家事や育児、仕事の量を調整することで日常生活に支障が出ることを防ぎます。

・PMSは食生活と睡眠の乱れやストレスによって起こりやすくなると言われています。そのため環境の変化や過度の緊張状態にさらされ続けたり、偏った食生活、カフェインの摂りすぎ、飲酒、喫煙などの習慣がある場合は適切な生活を行うように生活指導が行われます。

・薬物療法については鎮痛剤、漢方薬、低用量ピル、抗うつ剤や抗不安薬の処方が推奨されています。

PMSの整体~五反田の【いやさか整体院】~

PMSに合わせて仕事量を減らしたり、また生活の状況を見直すなど、日常を過ごしやすくするために改善を図っていくことは有効であると考えられます。

しかし、どうしても多忙な時期があったり、ストレスを避けられない環境に身を置かざるをえない方が多いことも事実です。また薬物療法については体質が合わない、持病のリスクが上昇するといった理由で薬が飲めなかったり、抗うつ剤や抗不安薬などは眠気や注意力低下などの副作用が気になる方もいらっしゃると思います。

PMSが起こる原因はハッキリとは分かっていないものの、五反田の【いやさか整体院】ではこれまでの経験を踏まえ、PMSに有効な整体を行っています。

蝶形骨の歪みを整える

頭蓋骨と蝶形骨の位置

蝶形骨(ちょうけいこつ)は頭蓋骨を構成している骨のひとつです。PMSを発症している方のうち、この蝶形骨が歪んでいる方は多くいらっしゃいます。

蝶形骨は全身のホルモンバランスをコントロールする「脳下垂体」を上に乗せている骨です。またこの骨は自律神経をつかさどっている「視床下部」ともかかわりがあります。そのため蝶形骨の歪みはホルモンバランス、自律神経などの働きに少なからず影響が及びます。

※女性ホルモンは卵巣から分泌されますが、分泌のタイミングを判断するのは卵巣ではなく「脳」です。脳にある視床下部から脳下垂体へ、脳下垂体から卵巣へと命令が届くことで卵巣は女性ホルモンを分泌します。

また蝶形骨は頭蓋骨のほぼ中央に位置するため、この骨が歪むと頭蓋骨全体にも歪みが広がります。特に後頭骨まで歪んでしまうと脳脊髄液の循環がとどこおり、脳や脊髄に十分な栄養や酸素が届かなくなります。頭蓋骨と脳脊髄液の関係や、頭蓋骨の歪みが及ぼす影響について、詳しくは歪みと脳脊髄液もご覧ください。

自律神経のバランスを整える

PMSで悩んでいる方は自律神経のバランスを崩されている場合がほとんどです。

ストレスから交感神経が優位になると、アドレナリンが分泌されます。しかし交感神経が働きすぎる状態が継続すると、やがて自律神経のバランスの乱れやアドレナリンの過剰分泌にもつながります。PMSを引き起こす原因のひとつにアドレナリンの過剰分泌が関係しているという説もあり、自律神経のバランスを整えることは有効な手立てと考えられます。

当院では、骨盤を含めた体全体の歪みを整えることで自律神経のバランスを整えていきます。
骨盤の歪みと自律神経の関係については、自律神経・ストレスもご覧ください。

深い呼吸へ戻す

呼吸と自律神経は密接に関係しています。

本来、息を吸うときは交感神経が優位となり、息を吐くときは副交感神経が優位となるからです。また副交感神経が優位になったとき、セロトニンの分泌も活性化されます。

しかしストレスを受けると呼吸が浅くなり、交感神経が優位になります。慢性的に呼吸が浅くなると、休んでいるときでも身体が「活動中だ」と思い込んで交感神経優位の状態が続きます。その結果セロトニンが不足し、体はいつも緊張状態で、疲れが取れにくい状態になりやすいのです。

呼吸が浅くなる原因は横隔膜の緊張や肋骨の歪み、猫背による胸郭の圧迫などがあり、当院ではその調整を行っていきます。すると深い呼吸ができるようになります。ゆったりと息を吐くと副交感神経が活性するため、セロトニンの分泌がされやすくなるのです。

PMSでお悩みなら【いやさか整体院】へ

これまでの施術の経験から、背骨や骨盤の歪みが整って体が正常に機能するようになると、PMSは起こりにくくなります。当院で施術を受けたお客様のなかで「PMSが改善した」という方は多くいらっしゃいます。

PMSでお悩みの方はぜひ【いやさか整体院】へ一度お越しください。【いやさか整体院】は五反田、大崎、品川を中心に東京の幅広い地域からご利用いただいています。

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正

トップへ