究極のストレッチ

五反田、大崎、品川の近くでストレッチをお探しなら【いやさか整体院】をご利用ください。
五反田駅と大崎駅の間にあり、どちらからも徒歩5分ほどです。

筋肉のケアでお困りではありませんか?

  • 慢性的な腰痛、肩こり、首こり、足の張り、背中の張りに悩んでいる
  • ストレッチ、ヨガ、ピラティスをしているが、毎日の継続がなかなか続かない
  • 一般のストレッチ屋さんに通い、効果は実感するが、すぐにぶり返す
  • スポーツのパフォーマンスを上げたい(野球、サッカー、ジョギング、マラソン等)

筋肉の緊張やコリ筋肉を柔らかくする方法は主にマッサージとストレッチです。
マッサージやストレッチで、どれほど柔らかくなるでしょうか?

マッサージは痛気持ち良いので、辛いコリの方には人気です。
当院には、毎週1回のマッサージを何年もかかさない方が時々来ます。
でも、その方の筋肉を触ると、とっても硬いです。
何十回も受けると、筋肉は柔らかくなるどころか、次第に硬くなります。

ストレッチは、伸ばす気持ち良さ、いかにも伸びた感じは味わえます。
しかし、ストレッチ後、筋肉はそれほど柔らかくなっていないものです。
少し柔らかくなるものの、持続するのはせいぜい数日です。
柔らかさを維持するためには、1日数セット、週数回の継続が必要です。

一般的なマッサージやストレッチでは、根本的に筋肉を柔らかくできないのです。

もっと根本的に柔らかくなり長持ちする方法が開発されました。
それが、究極のストレッチです。
究極のストレッチなら、筋肉の芯から緩み、ぶり返しがとても少ないです。
筋肉の質自体を、本来の柔い状態に戻していくストレッチです。
筋肉の本来の質は、子供のような筋肉です。
伸びやかさ、しなやかさ、張りがあり、力がしっかり入る筋肉です。
野球のイチロー選手のような筋肉です。

一般的なマッサージやストレッチと比較しつつ、究極のストレッチについてご説明します。

マッサージやストレッチでは根本的に筋肉が柔らかくならない

マッサージで根本的に筋肉が柔らかくならない理由

マッサージで筋肉を少し柔らかくすることはできます。
しかし、ほとんどの場合、数日すると再び硬くなります。
これはなぜでしょうか?

マッサージ筋肉は筋膜という膜で包まれています。
硬くなった筋肉は、血行不良で老廃物が内部に溜まっています。
筋膜の中で筋肉が老廃物でパンパンに膨れ、内圧が高い状態です。

マッサージでほぐすと、筋膜や筋繊維が部分的に破れます。
筋膜はセンサーのような役割があります。
筋膜が破れた電気信号が脳に送られます。この情報を「痛気持ち良い」と感じます。
これが、押したり揉んだりする時に感じる「痛気持ち良さ」の正体です。
柔らかくなった事ではなく、筋肉を壊していることを気持ち良く感じているのです。
筋膜が破れると圧力が抜けて老廃物が染み出すので、少し柔らかくなります。

筋膜と筋繊維が傷ついたため、翌日に痛みが出たりします。
これが「揉み返し」の正体です。
傷んだ筋肉の繊維は、数日かけて修復されます。
その際、強い刺激に負けないように、以前よりも太く硬くなります。
マッサージを何度も繰り返すうち、筋肉は硬くなっていきます。
次第に強いマッサージじゃないと満足できなくなってしまいます。
強いマッサージは長期的には逆効果です。

ストレッチで根本的に筋肉が柔らかくならない理由

ストレッチされた筋肉は引っ張り返す筋肉を伸ばすと、防御反応で反射的に引っ張り返します。
ストレッチで伸ばす力と反射的に引っ張り返す力が綱引きします。
引っ張り返すため、筋肉は緊張します。
硬くしながら伸ばすため、十分に柔らかくすることはできません。

ある程度緩められても、強い刺激に体の防衛反応が働きます。
その結果、別の筋肉が硬くなることも分かっています。
例えば、ハムストリングスをストレッチすると、首の筋肉が硬くなったりします。
首をストレッチすると、どこか別の筋肉が緊張します。
いたちごっこのように、なかなか全身の筋肉を緩めることはできません。

自分でストレッチする時、反対側の筋肉を収縮させることで、対象の筋肉を伸ばします。
例えば、右に側屈してみてください。
左の脇腹の筋肉が伸びていきます。
しかし、右の脇腹の筋肉を収縮して緊張させることで、左を伸ばしています。
左の脇腹の筋肉をストレッチしつつ、右の脇腹を緊張させるのです。
緊張はコリ癖につながりますので、なかなか全身の筋肉を緩められません。

筋肉が硬いのは脳が「力を入れて」と命令しているから

脳の命令筋肉が硬いのは、脳が筋肉に「力を入れて」と命令しているからです。
腕で力こぶをつくる時、力こぶをつくろうと意識するはずです。
腕に比べ、首、背中、肩、腰などの筋肉は意識しずらいです。
でも、仕組みは同じです。
慢性的なコリは、無意識で「力を入れて」の命令を出し続けています。
無意識なので自覚できず、どうやったら力を抜けるか分かりません。

根本的な改善の方法は、脳が命令を出していた事に気づくことです。
そうすると、「力を抜いて」という新たな命令を出すことができます。

マッサージやストレッチでは脳の命令をキャンセルできない

マッサージやストレッチでは、「力を入れて」という命令をキャンセルできません。
命令が出続けているので、多少柔らかくできても、すぐに硬くなります。

マッサージやストレッチでキャンセルできないのは、刺激が強いからです。
強い刺激は、痛みに耐える仕組みによりブロックされ、脳に届きにくいのです。
この仕組みをゲートコントロールといいいます。

痛みは危険な状態から回避するために必要な感覚です。
しかし、痛みを感じ続けると、生活に支障が出てしまいます。
そのため、痛みをブロックする仕組みが人間には備わっています。
その一つがゲートコントロールという神経の仕組みです。
ゲートコントロールは、強い刺激が脳に伝わるのをブロックします。
一方、弱い刺激は、脳に伝わるのを許可します。
そのため、強い刺激より優しい刺激の方が、脳には伝わりやすいのです。

ゲートコントロールは、格闘技の例がわかりやすいです。
ボクシングで強烈なパンチを受け続けて12ラウンドも戦えるのはなぜでしょうか。
普通の感覚なら痛くて耐えられません。
殴られても戦えるのは、ゲートコントロールで感覚を麻痺させているからです。

この仕組みにより、マッサージやストレッチの強い刺激は、脳へ届きづらいです。
そのため、脳から「力を抜いて」という命令が発信されません。
力ずくで筋肉を柔らかくできても、脳から緩める命令が出ないので、すぐ硬くなります。
これが、マッサージやストレッチの効果がせいぜい数日しか持たない理由です。

究極のストレッチなら根本的に筋肉を柔らかくできる

究極のストレッチは優しい刺激で脳の命令をキャンセルする

究極のストレッチは、優しく触れる程度の力で筋肉にコンタクトします。
優しい刺激なのでゲートコントロールを通過して、脳に刺激が伝わります。
脳が無意識で筋肉を緊張させていた事に気づきます。
すると脳から筋肉へ「力を抜いて」とキャンセルの命令が送られます。
その結果、筋肉の緊張が自然に抜けていきます。根本的に筋肉が柔らかくなる

命令をキャンセルできたので、ぶり返しがとっても少ないです。
約95%の方は、1~3回で肩こりなどの辛さが楽になります。
施術を受けるごとに、さらに緊張癖が抜けていきます。
6回も通院すると、随分柔らかくしなやかな筋肉に改善されます。

筋肉の本来の姿は、子供のような柔らかさとしなやかさがあります。
それでいて力がしっかり入る筋肉です。
大人になるに従い、力の抜き方が分からなくる方がほとんどです。
そのため、大人の筋肉は硬いのです。年齢のせいではありません。
大人だって、力の抜き方を思い出せば、子供のような筋肉に戻ることが可能です。

筋ポンプ作用が改善され、血流が良くなる

筋肉が本来の柔らかさを戻すと、血流とリンパの流れが良くなります。
血液やリンパの循環が改善されるので、美容や健康にも貢献します。

まず、血流についてご説明します。

筋肉には、力を入れる以外に、静脈の血流やリンパの流れを促す作用があります。
これを筋ポンプ作用といいます。

血管には、動脈と静脈があります。
動脈には、栄養と酸素を含む血液が、心臓のポンプ作用によって、全身の細胞に流れます。
全身の細胞が血液の栄養と酸素を吸収し、老廃物と二酸化炭素を血液に戻します。

静脈には、回収した老廃物や二酸化炭素を含む血液が、全身の細胞から心臓に流れます。
静脈の血液を心臓に戻す担当は、主に筋肉です。
静脈は筋肉の近くや中を通っています。
筋肉が収縮する際、静脈が圧迫され、血液を心臓の方向に押し出します。
筋肉が弛緩する際、静脈が解放され、より末端から血液が吸い上げられます。
静脈には逆流しないように弁がついています。
筋肉の収縮と弛緩の繰り返しで、血液が心臓に戻っていきます。
特に足のふくらはぎは筋ポンプ作用が強く、第二の心臓と呼ばれます。

硬い筋肉は柔軟に収縮と弛緩ができないため、筋ポンプ作用が弱くなります。
究極のストレッチで本来の柔らかさを取り戻すと、筋ポンプ作用が改善します。
血流が良くなるので、冷え性が良くなります。
血流は命の要ですので、それ以外にも様々な不調が改善する可能性があります。

リンパの流れが良くなる

また、リンパの流れも良くなります。

リンパ管は下水道のような役割です。
リンパ管は主に静脈に絡みつくように配線されます。
リンパ管は太いので、静脈に入らない大きな老廃物、病原体、異物を回収できます。
リンパも、筋ポンプ作用で、末端から心臓の方に流れます。
筋肉が動かない安静の状態ではほぼ流れません。
リンパ管の大切な通過点に、リンパ節という異物を排除するフィルターがあります。
主に、首・わきの下・お腹・骨盤部・鼠径部などにあります。
リンパ節を通過して綺麗になったリンパは、心臓の近くで静脈に合流します。

筋ポンプ作用が改善すると、リンパの流れも良くなります。
デトックスがすすみ、むくみが取れ、美しくなります。
老廃物が浄化され、免疫力が上がり、健康になります。
究極のストレッチで根本的に筋肉を柔らかくすれば、リンパの流れが改善します。

究極のストレッチを受けてみてください

究極のストレッチは1回でも効果がありますので、まず1度受けてみてください。
いやさか整体院は、五反田駅と大崎駅の間にあります。
主に品川のエリアの幅広い地域の方にご利用いただいております。

効果を実感していただいたら、6回通院してみましょう。
きっとここ何十年記憶にないほど筋肉の柔らかさが蘇るでしょう。

メニューはどちらでも大丈夫です。
・ベーシック(35分)5,000円
・アドバンス(60分)9,000円

ただ、先に生命力を活性化する施術をする必要があります。
体が元気になってからストレッチをした方が効果が高くなります。
そのため、ベーシックだとストレッチは10~15分くらいになると思います。
全身の筋肉をじっくり緩めたい方は、アドバンスをお勧めします。
ご希望の方は、「究極のストレッチを受けたい」とお伝えください。

いやさか整体院いやさか整体院は症状を根本から改善します。
筋肉のコリを根本的に改善したい方、お任せください。
ご相談・ご予約は お電話またはインターネットからどうぞ。

~抜群の改善率を誇る次世代の整体・カイロ~
いやさか整体院
03-6421-7617
東京都品川区大崎5-4-7 101B
五反田・大崎駅から徒歩5分

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正