マッサージではすぐに筋肉が固くなる理由

マッサージで筋肉を少し柔らかくすることはできます。しかし、ほとんどの場合、数日すると再び固くなります。これはなぜでしょうか?

※「マッサージ」とは国家資格のあん摩マッサージ指圧師が行う施術です。国家資格のないスタッフが行う施術は「マッサージ」と区別するため「もみほぐし」などと表現する場合が多いです。この記事では「もみほぐし」を分かりやすく「マッサージ」と書いています。

強いマッサージは筋肉を壊して固くなる原因に!

強いマッサージは筋肉を壊す

マッサージ

筋肉は筋膜という膜で包まれています。固くなった筋肉には血行不良で老廃物が溜まり、筋膜の中でパンパンに膨れています。

マッサージでほぐすと、筋膜や筋繊維が少し破れます。筋膜はセンサーのような役割があり、筋膜が破れた情報を脳に送ります。この情報を「痛気持ち良い」と感じます。

これが、もみほぐされる時に感じる「痛気持ち良さ」の正体です。柔らかくなった事ではなく、筋肉を壊していることを気持ち良く感じているのです。

筋膜が破れると圧力が抜けて老廃物が染み出すので、少し柔らかくなります。筋膜と筋繊維が傷ついたため、翌日に痛みが出たりします。これが「もみ返し」です。

再び壊されないよう筋肉は固くなっていく

傷んだ筋肉の繊維は、数日かけて修復されます。その際、強い刺激に負けないように以前より太く固くなります。マッサージを何度も繰り返すうち、筋肉は固くなっていきます。次第に強いマッサージじゃないと満足できなくなってしまいます。強いマッサージは長期的には逆効果です。

なぜ筋肉が固くなるのか?

筋肉が固くなるのは、猫背や反り腰など体のバランスが崩れているからです。背骨が歪んだり、一部の筋肉が縮んだり、一部の筋肉に力が入りにくくなっています。不安定な姿勢で身体を支えるために一部の筋肉ががんばって支えてくれています。

悪い姿勢の状態では一部の筋肉が固くなる必要があるのです。そのため、固くなった筋肉を何回ほぐしても、支える必要があるため、再び筋肉は固くなります。

筋肉を柔らかく保つには?

身体のバランスを整える必要があります。良い姿勢が自然にできている状態では、筋肉はがんばって支える必要が少ないので、柔らかい筋肉を保つことができます。整体で姿勢改善がおすすめです。

いやさか整体院ではDWストレッチや整体の技術で体全体のバランスを整えることで、お客様が柔らかい筋肉に戻れるよう導きます。五反田駅から徒歩7分、大崎駅から5分です。

トップへ電話するWEB予約

トップへ