ストレートネック

五反田・大崎のいやさか整体院は、ストレートネックを根本から改善します。
約95%が6回の通院でストレートネックによる首コリなどの不調を改善できます。
もちろん、初回から何割かの改善を実感します。

ストレートネックは、様々な症状の出発点となることが多いです。
首の歪みから、ドミノ倒しのように体全体のバランスが崩れていきます。
放置すると、頭痛、肩こり、腰痛、ひざ痛へと悪化する可能性があります。

ストレートネックになる原因は、過度のうつむき姿勢です。
現代社会では、うつむきでいる時間が非常に長くなっています。
パソコンなどのデスクワーク、テレビ、家事、勉強など。

特にスマートフォンを見る時間が増えています。
小さい画面を手にもって覗き込むので、うつむく角度が大きくなりがちです。
様々な症状の原因となることから、「スマホ症候群」の名前で注目されています。

ストレートネックが体全体のバランスを崩す

背骨のS字が腰痛などを防止

背骨は横から見るとS字状になっています。
・頸椎(首の骨7個)は前方に湾曲
・胸椎(胸の骨12個)は後方に湾曲
・腰椎(腰の骨5個)は前方に湾曲

S字構造がバネのように衝撃を分散します。
一箇所に負担が集中しないため、腰痛などを防止できます。
逆にいえば、理想的なS字が崩れると、腰など一箇所に負担が集中します。

背骨のS字構造がバネのように衝撃を分散

頭は体重の約10%の重さがあります。(50kgなら5kg)
主に背骨が頭の重みを支えます。背骨は、家の屋根を支える柱のようなものです。
これは、頭が背骨の上に乗っているからできることです。

ストレートネックはうつむき姿勢から

体は悪い姿勢を続けると、その形で固まり始めます。
次第に、意識しないと良い姿勢を保てなくなります。
さらに悪化すると、がんばっても良い姿勢をとれなくなります。

長期間うつむき姿勢を続けると、次第に首の前方への湾曲が失われます。
前かがみの一直線になります。この状態をストレートネックと言います。

長期間のうつむき姿勢がストレートネックの原因

次のような特徴があります。
・あごを引きづらい
・うなづくのがつらい
・体を横から見た時、肩より耳が前に出ている

頭の重さで肩こりに

ストレートネックになると、頭は背骨から前にずれるため、背骨だけでは支えらません。
背骨から転がり落ちようとする頭を、肩の筋肉で支えることになります。
頭が前に2cm出ただけで、重さは2倍になります。(50kgの人は10kg)
肩の筋肉で重い頭を一日中支え続けるので、肩こりになります。

ストレートネックが進むと、頚椎だけでなく、その下の胸椎もうつむくようになります。
また、重い頭を支えようと、両肩が前方に寄って胸が閉じてきます。
いわゆる猫背の状態です。

ストレートネックが進むと胸椎もうつむき猫背になる

肩関節が前方に引っ張られ続けて炎症をおこし、四十肩(五十肩)になります。
猫背により、さらに肩こりが悪化します。
胸が縮まるため、呼吸が浅くなります。
胸の神経を圧迫し、胸郭出口症候群や肋間神経痛の原因にもなります。

顎が上がり首が緊張して神経を圧迫

頭がうつむきで固まると、そのままでは立った時に目線が足元にいきます。
正面を向くため、自然に顎をあげることになります。

顎が上がると、後頭部と首の付け根が緊張します。
後頭部と首の付け根には神経が密集しているため、神経を圧迫します。
その結果、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、しびれ、自律神経失調症などが発生します。

顎があがり後頭部と首の付け根が緊張して神経を圧迫

バランスが崩れて腰痛に

頭がうつむきになると、バランスが前に崩れます。
前方に倒れないよう、本能的に腰やひざを前に突き出します。
腰椎の前方への湾曲が大きくなります。
湾曲が大きすぎるのも、腰へ負担がかかります。

重心が崩れ腰椎の前方への湾曲が大きくなる


または、腰を後ろに下げてバランスをとる方もいます。
この場合、腰椎の前方への湾曲が無くなります。
背骨の形が、負荷分散できるS字から、負荷が腰に集中するC字に変形します。
腰を後ろに下げて腰椎の前方への湾曲が無くなる

こうして腰痛が発生します。

腰の影響で膝も曲がってひざ痛に

腰が曲がると、バランスを取るため自然にひざも曲がります。
ひざは普段から負担のかかる部分です。
歩く時で、片足に体重の2.5倍ほどの重さがかかります。
ひざを曲げて歩くと、膝関節への負担はさらに増加します。
長期的には変形性膝関節症になり、膝痛が発生します。

ストレートネックの根本原因からの改善

日常生活でうつむき姿勢を減らす工夫は大切です。
でも、うつむき姿勢で筋肉や首の骨が固まってしまうのは、生命力が足りないからです。

生命力が高い人は、関節や筋肉が柔らかいです。
普段の姿勢が、自然に背筋が伸びて、首に負担をかけません。
多少うつむき姿勢を続けても、その状態で関節や筋肉が固まりません。
回復力が高いので、寝ているうちに関節や筋肉をリセットできます。

生命力の低い人は、もともと関節や筋肉が硬くなりがちで余裕がありません。
スマホを見ていない普段の姿勢が、猫背になりがちで、ストレートネックをまねきます。
さらにスマホを長時間見ることで、さらにストレートネックを強化します。
うつむき姿勢を睡眠でリセットしきれず、次第に固まってしまいます。

ストレートネックをボキボキ矯正で治すのは大変です。
集中的な通院を少なくとも15回以上は必要でしょう。
それだけ通院して多少姿勢が良くなっても、長続きはしません。
ボキボキ矯正では一時的にしか生命力を活性化できないので、次第に崩れていきます。
1~2か月に1回のメンテナンス矯正が必要です。

当院なら、生命力を活性化する施術により、もっと少ない回数で改善できます。
生命力を活性化する事で、固まった関節や筋肉が自然にリセットされます。
約95%が、6回の通院で、ストレートネックによる首コリなどの不調を改善できます。
初回からほとんどの方が何割かの改善を実感します。
しかも、本質的に元気になるので、ご自分で良いバランスを保ちやすくなります。
そのため、ぶり返しもボキボキ矯正に比べてはるかに少ないです。

いやさか整体院いやさか整体院は症状を根本から改善します。
ストレートネックでお悩みの方、ぜひお任せください。
ご相談・ご予約は お電話またはインターネットからどうぞ。

~抜群の改善率を誇る次世代の整体・カイロ~
いやさか整体院
03-6421-7617
東京都品川区大崎5-4-7 101B
五反田・大崎駅から徒歩5分

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正