仙腸関節のロックによる影響

仙腸関節は非常に重要です。しかし、ロックがかかりやすいです。
仙腸関節がロックすると、健康に様々な影響があります。

背骨のS字構造がクッションとなる

背骨を横から見ると、緩やかなS字構造です。
・首の頸椎7個  前湾
・肩の胸椎12個 後湾
・腰の腰椎5個  前湾

背骨の各骨の間に椎間板というクッションがあります。
S字がバネのように、体重や運動による衝撃を分散します。
それぞれの骨や椎間板に均等に負荷がかかります。

sebone-s  kotsuban

骨盤の仙腸関節が第2のクッションとなる

柱の背骨を土台となる骨盤が支えます。
骨盤は、真ん中の仙骨と左右の寛骨で構成されます。
仙腸関節は仙骨と寛骨の間にあります。

仙腸関節は強固な靭帯ですが、数ミリの可動性があります。
この数ミリの可動性がクッションの役割を担います。
背骨のS字クッションと、仙腸関節のクッションが、連携して体を守っています。
どちらがが機能しなくなると、連携が失われ、他方に負荷が集中します。

仙腸関節はロックしやすい

仙腸関節が仙骨と寛骨の間でひっかかり、ロックする場合があります。
ロックする原因は様々です。悪い姿勢、長期間の同じ姿勢、強い衝撃、出産など。
ロックしても、可動性が数ミリで痛みも無いため、本人は気付きません。
肩や膝関節のように可動性が大きくないため、分かりにくいのです。

仙腸関節のロックが背骨への負担など影響を与える

仙腸関節がロックすると、体に様々な影響を与えます。
骨盤のクッションが機能しない分、背骨に負担が集中します。
特に腰椎に負担が集中し、腰痛の原因となります。

仙腸関節の近くには、下半身に流れる血管が集中します。
動くたびに仙腸関節が微妙に動き、ポンプのように下半身に血液を送ります。
ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれます。
重力で下半身に溜まった血液を、ふくらはぎが上半身に送るからです。
仙腸関節も、下半身の血流改善に貢献します。

仙腸関節がロックすると、下半身の血流が悪くなります。
また、鼠蹊(そけい)部リンパ節をさえぎり、リンパの流れも停滞します。

下半身の血流が低下し、胃腸や子宮をはじめとする内臓の機能が低下します。
仙腸関節のロックにより内臓が冷えると、手足も冷えます。
体は一番大切な内臓を最初に温めます。その後、余熱で手足を温めます。
内臓が冷えた状態では、手足はいくら温めても冷たいままです。

仙腸関節のロックを根本的に解除する方法は、根本原因:歪みと脳脊髄液をご覧ください。

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正