一般的な骨盤矯正と産後の骨盤矯正の違い

骨盤矯正というと産後に受けるものというイメージが強いですが、整体やカイロで腰痛や肩こりを解消するために骨盤のバランスを整えるのも骨盤矯正です。この違いを詳しくご説明します。

骨盤の形

骨盤は真ん中のお尻側にある仙骨と、左右の寛骨の2種類で構成されます。寛骨は細かくは腸骨、恥骨、坐骨の3つに分類されます。お尻の仙骨と寛骨をつなぐのが仙腸関節です。左右の寛骨を前側でつなぐのが恥骨結合という軟骨です。

一般的な骨盤矯正

一般的な骨盤矯正

足を組む、横座りなどのアンバランスな姿勢を習慣にしたり、転倒や衝突などの事故があると、骨盤の恥骨結合や仙腸関節が数ミリ歪むことがあります。

歪み方は、捻じれる、開く、閉じる、などです。骨盤全体が後ろに傾く(猫背)、前に傾く(反り腰)のも骨盤の歪みと言えます。

骨盤が歪むと体全体のバランスも崩れて肩こりや腰痛の原因になります。そこで、症状の緩和や姿勢改善のために骨盤のバランスを整えるのが一般的な骨盤矯正です。

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正

妊娠から出産まではリラキシンというホルモンの働きにより恥骨、仙腸関節が数ミリ開き、出産に備えます。

産後、リラキシンの分泌が止まることで恥骨と仙腸関節は再び閉じていきます。理想的には約6か月で閉まります。でも育児の疲れやストレスが積み重なったり、育児中に悪い姿勢を続けていると、半年たっても閉まりきらなかったり、妊娠前より歪んで閉まる場合があります。

理想的な期間で骨盤が閉まりやすくなるよう、出産でダメージを受けた腹筋や骨盤底筋群などを整えるのが産後の骨盤矯正です。ホルモンの影響が残っているため骨盤を力で左右から圧縮しても閉まるわけではありません。

ただし、もともと骨盤が歪んでいたり、育児の負担で産後に骨盤の歪みが強くなる場合があるため、ただ骨盤を閉じるだけでは不十分です。一般的な骨盤矯正と同様に骨盤の歪みを整えながら、骨盤が閉じるサポートをするのが産後の骨盤矯正です。

五反田で産後の骨盤矯正をお探しなら、いやさか整体院にご相談ください。

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正

トップへ電話するWEB予約

トップへ