緊張性頭痛(10代女性)

緊張性頭痛(10代女性)

予備校生が5月にいらっしゃいました。
希望する大学受験で2回落ち、3回目のチャレンジに入ったとのこと。

「右側の首から肩にかけて痛みがあり、頭の右半分に頭痛がする。
 頭痛は急にきてキューっとする感じ。
 頭がボーっとし、モヤモヤして勉強しても頭に入らない。
 病院でMRIを取ってもらったが異常ない、緊張性頭痛と言われた。
 以前、本番の試験で回答が分からずパニックになった。
 それ以来頭痛のような症状が続いている。
 勉強にならないので、4月は1か月間予備校を休んだ。
 両親も勉強より体調を整えることが先決だと考えている。
 いくつか整体等も試したが、良くなる感じはない。」

脳脊髄液の循環不良が顕著で、硬膜が硬くなっています。
また、頭蓋骨が歪み、縫合がギューッと硬くなっています。
緊張性頭痛という診断ですが、コリはそんなにありません。
脳脊髄液の循環の改善と頭蓋骨の歪みの矯正を中心に施術します。

施術直後は頭痛が和らぎ、暫くしてぶり返す、ということを何度も繰り返しました。
次第に頭痛の症状が和らぎ、安定してきました。

6月に入り8回目には、頭痛はぶり返さなくなりました。
「英語の文章を読んでも頭に入らなかったけど、入るようになってきた。
 現役時に比べればまだ本調子ではないが、だいぶ良くなった。」

それから暫くいらっしゃらなかったのですが、10月久しぶりにお越しになりました。
「あれ以来頭痛はほとんどない。
 毎日朝から晩まで勉強している。
 最近、夕方になると頭に入らない感じがするようになったので来ました。」

勉強のし過ぎで脳が緊張しているようです。
脳のストレスが解放されるような調整をします。

6月から数か月たちましたが、頭痛が再発しておらず、何よりでした。

勉強に集中したいが頭がうまく働かずお困りの方、ぜひご相談ください。

五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

 

コメントを残す