腰椎・頸椎のヘルニアの改善事例

腰椎椎間板ヘルニアの事例①

レスリングが趣味の40代男性です。

ただ、最近、腰に不安があり、レスリングを休んでいます。
病院でMRIで検査したところ、腰椎5番のヘルニアと診断されました。

私の検査でも、腰椎5番のヘルニアです。
ヘルニアの矯正をします。
矯正は5分程度です。まったく痛くないです。

2回目、検査したところ、もうヘルニアはありません。
ただ、腰椎や骨盤などに歪みはあるため、通常の矯正を行います。

3回目
レスリングを再開されました。
日常生活は問題ないが、レスリングをする際、まだ腰に不安があるとのこと。

その後2回通院して頂いてます。
今では、レスリングの趣味を楽しんでいます。
レスリングをした後も、腰は気にならないそうです。

腰椎椎間板ヘルニアの事例②

慢性的な腰痛の50代男性です。

出産時に股関節脱臼で2年ほど固定しました。
左か右か忘れたとのことですが、恐らく左でしょう。

若い頃から腰痛で、30年前に腰椎4番、腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断されました。
その時、手術でヘルニアを切りました。腰に5cmほど切った後があります。

10年前、再び腰痛のため、整形外科で検査しました。
腰椎3番、腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断されました。
整形外科で牽引などの治療を受け、数か月で良くなりました。

しかし、その後も何度もぶり返します。
その都度整形外科で1~3か月ほど保存療法を受け、やり過ごしてきました。
最近は牽引よりAKA(関節運動学的アプローチ)を受けています。
AKAとは、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療する方法です。

さて、私が検査すると、腰椎4番、腰椎5番にヘルニアがあります。
骨盤の歪みや左の股関節の歪み、足の長さの違いも大きいです。

おそらく、ヘルニアの遠因は、産後の股関節の脱臼で両足の長さが合わなくなった事です。
そのため、骨盤が歪み、腰椎が歪み、ヘルニアになったと推測します。

2か所のヘルニア、骨盤、股関節の矯正などを行います。

2回目、「腰はだいぶ楽になり、左の股関節が気になりだした。」とのこと。
検査してもヘルニアはもうありません。1回でヘルニアが良くなりました。
骨盤と股関節を中心に、通常の施術をします。

3回目、「腰は気にならない。1時間ほど散歩したら股関節が少し気になった。」とのこと。
骨盤や背骨のバランスはかなり改善しています。
股関節を中心に施術します。

念のため1週間後に予約を頂きましたが、もう大丈夫ですね。

頸椎椎間板ヘルニアの事例

40代の男性です。
「仕事では車を運転する時間が長いです。
大分で働いていた若いころ、玉突き事故で首を痛めました。
自分でボキボキしていたら、そのうち痛みは消えました。

しかし、10年前、神戸に転勤後、首肩がすごく痛くなりました。
神戸の病院でMRIを取って頸椎ヘルニアと診断されました。
少し通院していたが、多忙でその内にやめてしまい、横浜に転勤しました。
転勤後は多忙を極めると首肩が痛くなり、ヒアルロン酸注射をしていました。

その後東京に転勤して、今は常に痛みがある状態です。
両方の首~肩~腕にかけて痺れというか痛みがあります。
東京の整形外科では、それほど酷くないと言われ、薬と湿布を処方されました。」

私の検査では、頸椎3番、頸椎5番のヘルニアです。
2つのヘルニアを矯正します。
また、鎖骨の下で腕にいく神経を圧迫していたので、鎖骨を矯正します。(胸郭出口症候群)
合わせて20分程度で終わりました。

即座に両手の痛みがほとんど無くなりました。
すごく驚いて喜んでいただきました。

2回目の検査では、もうヘルニアはありません。
通常の施術で、さらに首や全体のバランスを矯正します。
首を横に曲げずらかったのですが、大きく動かせるようになりました。

たった1回で長年のヘルニアの悩みが無くなった訳ですから、私も嬉しいです。

腰椎の椎間板ヘルニア、頸椎のヘルニアでお困りの方、ぜひご相談ください。
当院では、平均1~3回のヘルニア矯正で改善しています。
ぶり返しも非常に少ないです。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す