椎間板ヘルニアの改善事例 (品川区・40代・男性)

椎間板ヘルニアの改善事例 (品川区・40代・男性)

Sさんは長い間腰痛に悩まされてきました。
・大学時代にぎっくり腰になる。
 自然に治ったが、その後も現在まで数回ぎっくり腰を再発。
・20代後半から慢性的な腰痛になる。長時間のデスクワークが辛い。
・30代で左足に痺れを感じ、病院に行く。
 腰椎4番と5番の間の椎間板ヘルニアと診断される。
 湿布薬を渡され、安静にして様子を見るよう言われる。
 数か月で自然に痺れがおさまる。腰は痛いまま。
・40代になり、最近また左足がしびれはじめる。

病院に行っても安静にするか手術を薦められるかだろうと思い、
初めてカイロプラクティックを当院で受けることにされました。

見た目にも体が大きく歪んでいるのが分かります。
長年、腰に大きな負担がかかっていたことでしょう。
当院の手技による検査でも、腰椎の歪みを確認。
腰椎の矯正をメインに、体全体のバランスを整えていきます。

1~2回目は、何となく腰が楽になった、とのこと。
3回目、左足の痺れが気にならなくなった。
6回目、腰の痛みもかなり和らぎ、デスクワークが楽になった。

だいぶ安定してきたので、定期的なメンテナンスをお薦めして終了しました。

働き盛りの社会人が元気になれば、日本経済も元気になります!
そのお手伝いをさせていただき、嬉しい限りです。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す