頭痛の種類と症状、改善方法

頭痛は大きく2種類あります。
・慢性頭痛(筋肉の緊張や神経の問題)
・症候性頭痛(脳の病気)

症候性頭痛とは、脳腫瘍やくも膜下出血などによる頭痛です。
次のような方は症候性頭痛の可能性があります。

・いつもは頭痛薬で治っていたのに、今回は治らない、次第に痛みが増してくる
・頭痛持ちの方で、いつもと違った頭痛が起こった
・普段は頭痛のない方で、突然に頭痛が起こった
・意識が遠くなる

命にかかわる場合がありますので、病院での診断をお薦めします。
ここでは、当院で改善が期待できる慢性頭痛の方をご説明します。

当院では、初回から約95%の方が頭痛の改善を実感しています。
慢性的な頭痛をお持ちの方、五反田・大崎の近くにお住まいなら、当院にご相談ください。

慢性頭痛の種類と症状

慢性頭痛は3種類あります。
・緊張型頭痛
・片頭痛
・群発性頭痛
緊張型頭痛と片頭痛の二つで、全ての頭痛の90%以上を占めます。

緊張型頭痛

緊張型頭痛は、猫背やストレートネックなど骨格の歪みが原因です。緊張型頭痛の女性
悪い姿勢を続けると、首や肩の筋肉が慢性的に緊張します。
これにより、頭を締め付けられるような鈍痛が発生します。
緊張した筋肉が頭の神経を圧迫し、ピリピリした感覚を間欠的に感じる場合があります。
慢性的な筋肉疲労のため、毎日のように頭痛が続きます。
筋肉が疲労する夕方や週末などにひどくなります。
女性に多いです。筋肉量が少なく重い頭を支えきれないためです。
首や肩の筋肉が慢性的に緊張すると、めまいがする場合があります。

片頭痛

片頭痛は、自律神経の不調により頭の動脈が膨張し、三叉神経を圧迫して起こります。片頭痛の女性
三叉神経とは、顔の感覚を脳に伝える太い神経です。
脳からこめかみで分岐して目、上顎、下顎の3つに伸びます。
3方向に分かれるため、「三叉」神経と呼ばれています。

ズキン、ズキンと脈と一致して頭痛が起こります。
頭の片側だけ痛む場合が多いですが、両側の場合もあります。
頭痛の最中は光や音に敏感になります。
頭痛の前兆として光を感じる場合もあります。
月に数回、数時間~数日かけて、のように発作的に発生します。
血管を収縮させるトリプタン系の薬が有効です。

群発性頭痛

男性に多く、寝入りばなに前頭部や顔面の片側が強烈に痛みます。
年に数回、発生中は数週間毎日続けて、のように群発的に発生します。
原因は解明されていないものの、血管の拡張が関係しているようです。

慢性頭痛の根本原因からの改善

緊張型頭痛の改善

猫背やストレートネックが首肩の筋肉を慢性的に緊張させ、緊張型頭痛を起こします。
猫背などの姿勢の崩れは、骨盤や背骨が歪んだ状態です。

それでは、背骨や骨盤を矯正すれば緊張型頭痛は改善するのでしょうか?
腕の良い治療院で5~10回くらい矯正すれば、ある程度は良くなります。
でも、1~2か月すると、ほとんどの場合ぶり返します。

なぜぶり返すのかというと、体が元気でないからです。
元気でないから、治療院で矯正してもらったバランスを維持できません。
時間とともに姿勢が崩れ、首や肩に再び負担がかかり、緊張型頭痛が再発します。
ぶり返しを防止するため、1か月1回など定期的なメンテナンス通院が必要です。
毎月1回通院すると、1回5,000円として1年12回で6万円。
生涯にわたるコストは相当なものです。

もっと根本的に改善したいと思いませんか?
そのためには、本来の元気な状態に戻ることです。
元気なら、良い姿勢を維持でき、首や肩が緊張しないので、緊張型頭痛になりません。

だから、当院では、頭痛を改善するために、本来の元気をひきだす施術を行います。
元気になると、自然治癒力を活性化するので、即座に背骨は勝手に整い、筋肉も緩みます。
背骨を矯正したり筋肉をマッサージする必要はありません。
自然治癒力というと、曖昧でゆっくり時間をかけて、という感じがするかもしれません。
そうではなく、即効性があります。施術して1分後には背骨が整い、筋肉が緩みます。
背骨が整うと、首や肩の筋肉は緊張する理由が無くなります。
緊張型頭痛はその場で良くなります。

ほとんどの場合、1回でも改善を実感できます。
ただ、多くの方はかなり生命力が低下しています。
症状がある程度残ったり、少しずつぶり返しを感じる事が多いです。
しかし、この施術は受けるごとにさらに元気になっていきます。
元気になるほど、症状が良くなり、良い姿勢を長期間保ちやすくなります。
95%以上の方は、6回も通院すると緊張型頭痛の通院を卒業できます。

片頭痛の改善

片頭痛の原因は、自律神経が乱れ、頭の血管を拡張させて三叉神経を圧迫する事です。
体が元気になる施術をすると、自律神経のバランスが整います。
興奮しがちな交感神経が穏やかになり、回復するための副交感神経が優位になります。
自律神経が整い、頭の血管を過度に拡張させなくなるため、片頭痛は改善します。

片頭痛のもう一つの原因は、頭蓋骨の歪みです。
特に、こめかみ部分にある蝶形骨の歪みです。
蝶形骨とは、目の奥にある蝶のような形をした骨です。

下の図をご覧ください。
頭蓋骨は23個の骨の組み合わせで構成されます。
つなぎ目(縫合)がありますから、背骨と同様に歪みます。
蝶形骨はこめかみ部分の黄色に塗られた骨です。
zugaikotsu2

三叉神経は、こめかみ付近から3つに分かれ、目、上顎、下顎に伸びています。
蝶形骨が左右に飛び出るように歪むと、こめかみ付近の三叉神経を圧迫します。
三叉神経が痛みを感じ、片頭痛が起こる原因になります。
片頭痛の強い方はたいてい、蝶形骨が大きく左右に歪んでいます。
また、蝶形骨に歪みがあると、目の奥の痛みや目の疲れやすさを感じることが多いです。

骨の歪みはミリ単位です。
病院のレントゲンでは歪んでいるように見えません。医療の基準では異常無しです。
でも、カイロプラクティックでは、ミリ単位の歪みが不調の原因になると考えられています。
カイロは、鍼灸と同じく、WHO(世界保健機構)に補完代替医療として認められています。
頭痛外来でも良くならない片頭痛の方は、蝶形骨の歪みが原因かもしれません。

当院では、体が元気になる施術をします。
多くの場合、それだけで蝶形骨の歪みはだいぶ良くなります。
そのうえで必要であれば、蝶形骨を直接矯正します。
生命力を上げているので、ただ蝶形骨を矯正するのに比べ、ぶり返しが少ないです。
蝶形骨が整うと、三叉神経の圧迫が楽になり、片頭痛が改善します。
同時に、目の奥の痛みや眼精疲労も良くなります。

重度の片頭痛が改善した事例が多くあります。そのうちの一つをご紹介します。
「20年以上片頭痛が治らない。
 頭痛の時は数時間うずくまって何もできない。
 緊張性頭痛もまざって酷い時は月の半分寝込む。
 痛み止めの薬はだんだん効かなくなってきた。
 MRIを2回撮ってもらったが、脳に異常無しと診断された。
 頭痛外来にも行った。
 10年の間に整体針灸カイロなども沢山通った。
 約20店に合計300回ほど通ったと思う。
 でも、どこに行っても良くならなかった。」
こんな重度の片頭痛の女性でも、6回で片頭痛が良くなり通院を卒業されました。

なお、群発性頭痛も改善した実績があります。
群発性頭痛に悩んでいる方もぜひご利用ください。

いやさか整体院いやさか整体院は症状を根本から改善します。
頭痛でお悩みの方、ぜひお任せください。
ご相談・ご予約は お電話またはインターネットからどうぞ。

~抜群の改善率を誇る次世代の整体・カイロ~
いやさか整体院
03-6421-7617
東京都品川区大崎5-4-7 101B
五反田・大崎駅から徒歩5分

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正