夏が終わり涼しくなったのに体はだるいまま…「秋バテ」を放っておくとどうなる?

秋バテの主な症状

秋バテでだるい

蒸し暑かった夏が過ぎ、ようやく涼しい季節になってきました。でも「暑さは和らいできたのに身体がだるい…」そんな風に感じていませんか?

暑い夏に食欲不振やだるさを感じることを夏バテと言いますが、夏から秋へシフトする時期にもいわゆる「秋バテ」が起こります。最近、以下のような症状が出ていないかチェックしてみてください。

・身体がだるい、疲れが取れない。
・夜眠れない。
・食欲がない。または胃もたれや胸やけがする。
・めまいや立ちくらみがする。
・頭痛、肩こりがする。

これらは秋バテの主な症状です。当てはまるものはありましたか?

秋バテの原因とは?

秋バテになる理由について、この季節特有の寒暖差や気圧差、夏のままの食生活などが挙げられます。

寒暖差

気温差が激しいこの季節、朝晩の温度差が10℃近くになることもありますよね。この気温差に対して一定の体温を保つため、身体は熱を生みだしたり汗をかいて体温を下げたりします。この体温調整の働きを担っているのが自律神経です。

気温の激しいアップダウンに対応しようとして自律神経は絶えず働き続けるため、身体はエネルギーを消耗します。エネルギーの消耗が続くことで自律神経の機能が低下し、だるさや肩こりなどの症状が起こるのです。

気圧差

また自律神経は気温だけでなく気圧による影響も受けます。秋は台風や秋雨前線によって低気圧の日が多くなります。低気圧は上昇気流のため、地表近くの酸素量が若干減ります。

それに伴って私達の体内では血中の酸素濃度が低下します。すると脳に十分な酸素が取り込めなくなり頭痛やめまいが起こりやすくなります。また、本来は交感神経が優位になるはずの日中にもかかわらず、酸素不足によって体を休めようと副交感神経が優位になるため、自律神経の乱れが生じるのです。

私達が無自覚でも、身体には大きな負担がかかっているのですね。

食生活

涼しくなっても夏の感覚のまま冷たい食べ物や飲み物を摂り続けると、内臓冷えが起こります。内臓冷えは胃腸の疲れを招き、消化機能が低下します。すると食欲不振や胸やけ、胃もたれといった症状が表れるのです。

いやさか整体院は「秋バテの体の疲れ」を整えるサポートをします!

「なんとなくだるい」だけで重症ではないし…と、そのままやり過ごしがちな「秋バテ」。しかし自律神経の乱れは放っておくと代謝機能や免疫力にまで影響をおよぼし、重症化することもあります。秋が深まって本格的な寒さが始まる前に、しっかりと体調を整えたいですね。

五反田・大崎の【いやさか整体院】では、だるさや食欲不振、頭痛、肩こりなど、秋バテで疲れた体が本調子に戻るようサポートさせていただきます。「なんとなくだるい」感じから解放されて、読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋…いろんな秋に臨んでくださいね。品川区で整体をお探しの方は、ぜひ【いやさか整体院】へお越しください。

五反田・大崎で整体をお探しなら【いやさか整体院】へ

店舗名 いやさか整体院
住所 〒141-0032 東京都品川区大崎5丁目4−7
TEL 03-6421-7617
URL https://iyasaka-seitaiin.com
webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正

トップへ電話するWEB予約

トップへ