筋ポンプ作用が改善され、血流が良くなる

筋肉が本来の柔らかさを戻すと、血流とリンパの流れが良くなります。
血液やリンパの循環が改善されるので、美容や健康にも貢献します。

まず、血流についてご説明します。

筋肉には、力を入れる以外に、静脈の血流やリンパの流れを促す作用があります。
これを筋ポンプ作用といいます。

血管には、動脈と静脈があります。
動脈には、栄養と酸素を含む血液が、心臓のポンプ作用によって、全身の細胞に流れます。
全身の細胞が血液の栄養と酸素を吸収し、老廃物と二酸化炭素を血液に戻します。

静脈には、回収した老廃物や二酸化炭素を含む血液が、全身の細胞から心臓に流れます。
静脈の血液を心臓に戻す担当は、主に筋肉です。
静脈は筋肉の近くや中を通っています。
筋肉が収縮する際、静脈が圧迫され、血液を心臓の方向に押し出します。
筋肉が弛緩する際、静脈が解放され、より末端から血液が吸い上げられます。
静脈には逆流しないように弁がついています。
筋肉の収縮と弛緩の繰り返しで、血液が心臓に戻っていきます。
特に足のふくらはぎは筋ポンプ作用が強く、第二の心臓と呼ばれます。

硬い筋肉は柔軟に収縮と弛緩ができないため、筋ポンプ作用が弱くなります。
究極のストレッチで本来の柔らかさを取り戻すと、筋ポンプ作用が改善します。
血流が良くなるので、冷え性が良くなります。
血流は命の要ですので、それ以外にも様々な不調が改善する可能性があります。

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正

トップへ電話するWEB予約

トップへ