悪い姿勢:反り腰/平背/猫背

背骨はS字状のカーブを描く

sebone

正常な背骨は、緩やかなS字状のカーブ(生理的湾曲)を描きます。
・首の7個の骨で前湾(前側に曲がる)
・胸の12個の骨で後湾
・腰の5個の骨で前湾

生理的彎曲がバネとなり、クッションの機能を担います。
上半身の重みや着地する時の衝撃が、一箇所に集中するのを防ぎます。

しかし、慢性的に悪い姿勢をとることで、生理的彎曲が崩れます。
人により様々な形に崩れますが、代表的には3つ挙げられます。
反り腰、フラットバック(平背)、スウェイバック(猫背)です。

悪い姿勢1.反り腰

反り腰

反り腰とは、S字のカーブが通常より大きい状態です。
負荷分散の機能が低下し、腰に負担が集中します。

●反り腰の特徴
・アゴがあがる
・背中が過度に丸まる
・腰椎(腰の5個の骨)の前湾が大きすぎる
・骨盤の前傾が大きすぎる
・ふとももの前が張る

●なりやすい症状
・肩こり
・腰痛

●なりやすい方
・ハイヒールを履く
・妊娠中、産後
・足裏の重心が前すぎる
・良い姿勢を心がける意識が強いが、良い姿勢の取り方に誤解がある

この姿勢により、下半身が前にもっていかれます。
バランスをとるため、上半身を丸め後ろにもっていきます。
すると、骨盤が前傾し、腰の前湾が大きくなります。

足裏の重心をかける正しい位置は、土踏まずの後ろでかかとの前あたりです。
これを意識するだけでも、多少は改善できるでしょう。
詳しくは、腰痛、肩こり、膝痛を予防する立ち方をご覧ください。

●反り腰の調べ方
肩甲骨、お尻、かかとの3点を壁につけて立ちます。
次の方は反り腰の可能性が高いです。
・3点のうち、お尻が最初につく
・腰と壁の間に手の平が余裕で入る (手の平の厚さ < 壁と腰の間の幅)

なお、理想的な姿勢の場合も合わせてご紹介します。
・腰と壁の間に手の平がなんとか入る (手の平の厚さ = 壁と腰の間の幅)
・3点にくわえ、頭も自然に壁につく

悪い姿勢2.フラットバック(平背)

フラットバック
生理的湾曲が全体的に小さくなり、フラット(平ら)に近くなります。
平背(へいはい)とも言います。
バネというより直線に近くなるため、負荷分散の機能が低下します。

●フラットバックの特徴
・頭が前に突き出る
・肩が前に出る
・腰椎の自然な前湾が無くなる
・骨盤の自然な前傾が無くなる

●なりやすい症状
・足のしびれや痛み

●なりやすい方
・しっかりスポーツをしている
・デスクワークなどで長時間座っている
この姿勢により、お尻、太もも裏の筋肉が短く固まります。
固まった筋肉が骨盤を後ろに引っ張って倒します。

●フラットバックの調べ方
肩甲骨、お尻、かかとの3点を壁につけて立ちます。
次の方はフラットバックの可能性が高いです。
・3点のうち、肩甲骨とお尻がほぼ同時に壁につく
・腰と壁の間に手の平を入れられない (手の平の厚さ > 壁と腰の間の幅)
・頭と壁の間に指1~3本ほどの隙間が空く

悪い姿勢3.スウェイバック(猫背)

スウェイバック
上半身を後ろに倒し腰を前に付き出した姿勢です。
ボクシングのスウェイバックという防御の姿勢に似ています。
スウェイバックは典型的な猫背です。

●スウェイバックの特徴
・頭が前に突き出る
・背中が丸まる
・骨盤が後傾し、背骨より前に出る
・ふとももの後ろが張る
・ひざが少し曲がる
・ふくらはぎが張る

●なりやすい症状
・頭痛
・肩こり、四十肩(五十肩)
・腰痛
・ふくらはぎのむくみ

●なりやすい方
・足裏の重心が少し前すぎる
・椅子に浅く腰掛け腰を丸めて座る
浅く座ることで、骨盤が後傾し、背中が丸まり、頭が前に出ます。
ひざを少し曲げて上体の重さを支えます。

反り腰の方と同様、足裏の重心の位置を見直しましょう。
正しい重心は、土踏まずの後ろでかかとの前あたりです。

●スウェイバックの調べ方
肩甲骨、お尻、かかとの3点を壁につけて立ちます。
次の方はスウェイバックの可能性が高いです。
・3点のうち、肩甲骨が最初に壁につく
・腰と壁の間に手の平を入れられない (手の平の厚さ > 壁と腰の間の幅)
・頭と壁の間に指4本以上の隙間が空く

悪い姿勢は施術である程度は改善可能

悪い姿勢の癖は子供の頃からずっとやっているものです。
骨が成長する過程で一定の悪い癖を続けるため、生理的彎曲の角度も個人差ができます。
成人して定まった骨の形を変えることはできません。
そのため、完全に理想的な生理的彎曲に戻すことは、多くの場合難しいでしょう。

しかし、骨と骨の間の椎間板や、骨と骨をつなぐ筋肉は柔軟です。
骨と骨の間はロックされて歪み、柔軟性を失っている場合があります。
筋肉も、慢性的な不良姿勢で、過剰に短い、または、過剰に伸びた状態で固まります。

いやさか整体院の施術では、骨の歪みを整え、筋肉を柔軟化します。
これにより、ある程度は不良姿勢を改善できます。
少なくとも、腰痛、肩こりなどが改善するレベルまでは、多くの場合改善できます。
五反田、大崎のお近くにお住まいの方、いやさか整体院にご相談ください。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正