四十肩と五十肩

四十肩・五十肩とは

四十肩・五十肩の主な症状は2つあります。

①肩に痛みを感じる
 特に肩の前側が多いです。
 肩だけでなく、上腕まで痛みが広がる事もあります。
1か月以上痛みが続く場合は五十肩の可能性があります。

②腕を動かせる範囲が制限される
 腕を上げられない
 後ろのポケットに手が届かない
 髪を結べない など

四十肩・五十肩と呼ばれるのは、四十、五十代で発症する事が多いからです。
以降は四十肩と記します。別名で、肩関節周囲炎、凍結肩とも言います。
利き腕がなりやすいわけではなく、反対の腕も同じくらい発症します。

四十肩の原因

肩関節にある、潤滑役の関節包や関節包、腱板(腱の複合体)の炎症がが原因とされています。
炎症により痛みを感じます。また、痛みや組織の変性のため、腕を動かしづらくなります。
その結果、さらに関節が硬くなり、動きが制限されていきます。

発症から回復までの期間

発症から回復まで、3つの期間があります。

①急性期
肩関節が炎症により激しく痛みます。腕の動きの制限は少ないです。
急性期は、動かした時だけでなく、安静にした状態でも激しく痛ます。
特に夜寝ている時に痛みます。夜間痛といいます。
痛みで目が覚めたり、痛くて眠れなかったりします。
個人差はありますが、発症~3か月ほどです。
運動をすると炎症が悪化する場合があるため、安静第一です。

拘縮期
炎症が落ち着き、痛みは急性期よりややマシになります。
安静時の痛みは弱くなりますが、動かした時に痛くなります。
また、腕の動きに制限が出始めます。
3か月~1年ほどです。
運動を少しずつはじめる必要があります。

③回復期
痛みと動きの制限が徐々に回復していきます。
1年以降です。

これらを経て、合計で6か月~2年ほどで自然治癒します。

動きに制限が残らないようリハビリが必要

自然治癒しますが、回復期を過ぎても、動きの制限は少し残る事が多いです。
長期間肩をかばい十分に動かさないため、関節が硬くなるからです。
硬くなって長期間たった関節を、柔らかくするのは難しくなります。

急性期は安静にすべきですが、慢性期からはリハビリが必要です。
肩を痛くない程度にゆっくり動かし、少しずつ可動域を広げていきましょう。
無理に動かして傷める事のないよう、慎重に行ってください。

四十肩になりやすい姿勢

四十肩になりやすい姿勢は、猫背です。
猫背になると肩甲骨は前に出ます。巻き肩の状態です。

腕を上げたり後ろに回したりする際、肩甲骨が柔軟に動く必要があります。
腕が真上まで180度上がるのは、腕と肩甲骨の共同作業です。
腕は120度まで上がります。さらに肩甲骨が60度上がる事で実現します。

しかし、巻き肩の状態では、肩甲骨を十分に動かせません。
その結果、腕を上げる角度が制限されます。

実際に試してみるとよく分かるでしょう。
①姿勢を伸ばした状態で、ゆっくり片腕を正面から天井に上げていきます。
②猫背の状態で、同様に片腕を上げていきます。
姿勢を伸ばした状態の方が、高く腕を上げられると思います。

猫背で無理に腕を上げると、肩関節に余計な負担がかかり、四十肩の原因となります。

四十肩になりやすい職業

最もなりやすいのは、デスクワークが多い職業です。
猫背で腕を上げ続けるため、肩に慢性的に負担がかかります。

また、腕を肩より上に上げる事は、肩に負担がかかります。
腕を何度も上げたり上げ続ける職業は、四十肩の原因となります。
美容師や先生などば、比較的なりやすいと思います。

施術で背骨と骨盤を整え回復をサポート

いやさか整体院では、四十肩の回復をサポートできます。
施術で背骨と骨盤を整えます。背筋が伸び、猫背もある程度は改善します。
また、肩甲骨まわりの筋肉の緊張が和らぎ、肩甲骨を動かしやすくなります。
その結果、腕を上げやすくなります。
また、コリが和らぎ血行が促進するので、痛んだ靭帯や腱板の回復が早くなります。

四十肩、五十肩はかなりの重症です。
改善が見られるまで、何回か回数がかかるかもしれません。
しかし、何もしないより回復期間はかなり早くなると思います。
五反田や大崎のお近くの方は、ぜひご相談ください。

ご相談・ご予約は、電話かインターネットからどうぞ。

五反田・大崎で、四十肩・五十肩なら、いやさか整体院
03-6421-7617
東京都品川区大崎5-4-7 101B
五反田駅、大崎駅から徒歩5分

webホームページ予約
子連れOKの骨盤矯正