片頭痛(20代女性)

片頭痛(20代女性)

片頭痛の20代女性です。

「中学生の時から片頭痛がある。
 季節により症状の程度に波がある。
 最近はほぼ毎日、片頭痛に悩んでいる。
 めまいや吐き気も伴う。
 薬でも治まらない。」

毎日とは、重度の偏頭痛ですね。

片頭痛は、こめかみの血管が過剰に弛緩し、周囲の三叉神経を刺激することで起こります。
血管の弛緩・収縮は自律神経が制御します。
血管は、交感神経が優位になると収縮し、副交感神経が優位になると弛緩します。
自律神経が乱れていると、天気の悪い日や休日などで、血管が過剰に弛緩します。
そのため、自律神経のバランスを整えることで、片頭痛の改善が期待できます。
また、頭蓋骨のうち特に蝶形骨(こめかみ付近の骨)の歪みや、首の歪みも影響します。

背骨や骨盤の矯正、自律神経の調整、脳脊髄液の循環改善を軸に施術します。

施術後、片頭痛は消えました。

1か月後、2回目の予約が入りました。
前回の後の経過を聞くと、
「随分良くなった。3回ほど、数時間の片頭痛があっただけ。」

毎日の片頭痛が1か月に3回まで減った訳ですから、大きな変化です。

重い片頭痛ですので、もう少し回数がかかるかと予想していました。
少ない回数で改善できて、良かったです。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す