ぎっくり腰(30代男性・40代男性)

ぎっくり腰の30代男性

ぎっくり腰の30代男性の例です。

「3日前にぎっくり腰になった。
 2日前に、右側の腰からふとももにかけて、酷く刺すような痛みがでた。
 歩く時や立ち上がる時に痛みが顕著になる。
 昨日からやや落ち着いてきた。
 そのかわり、腰全体が重い感じになった。
 ぎっくり腰は初めて。
 それまで腰痛はあまり感じていなかった。
 先月に一瞬刺すような痛みがあったが、直ぐに消えた。」

自覚はないものの、ぎっくり腰になる前から、
背骨や骨盤が歪み、腰に負担がかかってたようです。
一瞬の刺すような痛みはぎっくり腰の前兆でしょう。

仰向けでは腰が痛く寝られません。
膝を立てると少し和らぐ事が多いのですが、それでも仰向けは無理そう。
まず、うつぶせで背骨や骨盤を矯正します。

その後、再度仰向けができるか試します。
「大丈夫そうです。」今度はできました。
最後に脳脊髄液の調整で、体の緊張をさらに和らげます。

施術後の様子を聞くと、腰を曲げてみたりしつつ、
「だいぶ楽になりました。」

ぎっくり腰の40代男性

同じ日のお昼に飛び込みで、ぎっくり腰の男性がいらっしゃいました。
痛そうに腰を「く」の字に曲げています。

「(3日前の)土日に引っ越しをして腰を痛めた。
 昨日ぎっくり腰になった。
 今日は会社を休もうかと迷ったほど痛い。
 腰を曲げないと痛くて歩けない。
 10年ほど前にヘルニアになった。
 手術を勧められたが断った。
 1か月ほど入院し、牽引などで自然治癒した。
 ぎっくり腰はたまにする程度で、今回のような強烈なのは久しぶり。」

背骨と骨盤を矯正します。
施術後、体の様子を伺うと、
「背筋を伸ばせなかったのに、今は伸ばせる。
 こんなに変わるものなんですね。
 来て良かった。」

かなり改善したようで、良かったです。

ぎっくり腰の記事もぜひご覧ください。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す