ぎっくり背中(20代女性)

ぎっくり背中の女性の例です。
ぎっくり背中とは、ぎっくり腰のような急性の痛みが背中に起こることです。

「2週間前、背中の真ん中より少し左が、体をひねると痛くなった。
 たいした動きはしていないのだが、急に痛くなった。
 湿布などでしのいでいるうちに痛みが和やらいだ。
 しかし昨日からまた痛みを感じるようになった。
 インターネットで調べると、ぎっくり背中ではないかと思う。
 腰も背中とつながっているようで、ちょっと痛い。」

姿勢は猫背ぎみです。
猫背は、肩甲骨が外側に開いた状態です。
肩甲骨内側の筋肉(菱形筋)が慢性的に伸び固まります。
伸び固まった菱形筋は、何かの拍子でぎっくり背中になりやすいです。

また、背中を上から見て、かなりS字状に歪んでいます。
根本原因のページのような状態)
バランスが崩れる分、背中全体が慢性的に張ります。
これもぎっくり背中の原因でしょう。

背骨や骨盤を矯正します。

施術後に体を捻って確認します。
「ある程度良くなった。捻った時のひっかりが少なくなった。」

このように、1回でも、ある程度痛みが和らいだり動きやすくなる事が多いです。
もちろん何回か通院する事でさらに良くなります。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す