五十肩と四十肩(品川区)

五十肩(品川区の女性)

四十肩、五十肩の方が11月に2名いらっしゃいました。
ともに品川区の方です。

四十肩五十肩の症状は、腕が痛くて上がらない、後ろのポケットに腕が回らない、等です。
40代で発症すると四十肩、50代で発症すると五十肩と呼びます。
治るのに半年とか1年以上かかることもあります。
また、1年たって痛みは小さくなったが腕は上がらないまま、というケースもあります。

まず、五十肩の女性の例です。(四十肩の例は後でご紹介します)

両腕が痛くて上げられない。
両足の付け根(股関節)が痛み、しゃがんだ後立ち上がれない。
指がこわばる。
身体が全体的に冷えている。
20年以上前から肩こりがひどく、マッサージを受けてきた。
医師からリウマチではないと診断されている。
股関節もMRIで異常なしと診断されている。

検査のため、腕を正面から天井にゆっくり上げてもらいます。
両腕とも90度(地面に水平)までしか上がりません。

1回目の施術後、確認のため再度両腕を上げてもらいます。
両腕とも120度(水平より30度ほど上)まで上がりました。

2回目、その後の変化を聞くと、
身体があったまり、良く眠れるようになった。
手を上げるのが楽になった。
最悪の状態を10として、今は6くらいまで良くなった。
手のこわばりはまだだが、股関節の突っ張りはかなり楽になった。

初回で随分と良くなったようですね。
この調子でさらに改善していくでしょう。

四十肩(品川区の男性)

次に四十肩の男性の例です。

3か月ほど前から、左肩が前ほど上がらなくなった。
洋服の着替えで、袖を通したりベルトを締めたりが不自由になった。
寝返りをする際、左肩を下にすると痛い。
整形外科ではいわゆる五十肩だと診断された。
もともと肩こりは慢性的にあった。
数年前にぎっくり腰になったが自然治癒した。

施術前、左腕は100度(水平プラス10度)まで上がりました。
施術後、左腕は110度まで上がりました。10度改善です。
全体的に体が軽くなったとのこと。

2回目にその後の様子を聞くと、
初回の数時間後に、さらに腕が上がるようになったそうです。

自然治癒力が高まり、時間をおいて肩の炎症が回復したのでしょう。
このように、施術後、数日してから痛みが取れた、という例はよく聞きます。

この方は、後日にモートン病の女性を紹介してくださりました。
モートン病とは、足の裏にしびれや痛みを感じる症状です。
その女性も良くなりましたよ。

四十肩、五十肩は、肩こりよりはるかに重症です。
改善を実感するのに何回かかかる場合もあります。
でも、しっかり通院された方のほとんどが良くなっています。
五反田・大崎の近くにお住まいの方はぜひご相談ください。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す