ぎっくり腰 (群馬県の40代男性)

ぎっくり腰(群馬県の40代男性)

ぎっくり腰の男性の改善事例です。

1か月前から腰が痛く、整骨院に通っていた。
今朝、トイレから立とうとして腰がピキッときた。
何とか歩けるが、長時間座るのが辛い。

実はこの方、半年前にも、ぎっくり腰でいらっしゃいました。
20代から何度もぎっくり腰を再発している方です。
その時は幸い、1回の施術で改善しました。
施術後まだ痛そうにしていましたが、足踏みするうちに痛みが消えていきました。
「人間の体っておもしろいですね。」と喜んでくださりました。

その後しばらく調子が良かったそうです。
しかし、徐々に腰痛がぶり返し、ついに本日ぎっくり腰になり、再会した次第です。
「(群馬県から)新幹線で通勤しているが、腰が痛くてこのままでは座ってられない。」

前回の後、職場が大崎から中央区に移転したそうです。
終業後にタクシーで中央区から大崎の当院までいらっしゃいました。

「職場の近くで整体を探そうとしたが、どの整体院が良いか分からない。
 どのホームページも良さげなことは書いてるけど、実際は行ってみないとね。
 ここは前回とても良くなったので確実だろうと思い、遠くなったけどまた来ました。」
遠方からお越しくださり、ありがたいかぎりです。

さて、今回も施術後、まだ痛くてベッドからしばらく起き上がれません。
前回と同じパターンです。でもきっと大丈夫。足踏みで体を慣らしてもらいます。
徐々に痛みが消えていき、足踏みのテンポが速くなっていきます。

ぎっくり腰になると、脳は、安静を促すため、無理な動きをすると痛みを感じさせます。
施術で骨盤を整え、腰の負担が軽減しても、脳は腰を痛めたと認識したままです。
そこで、足踏みなどで、脳に「もうこれくらいの動きは大丈夫だよ。」と教えてあげます。
すると、脳が「あ、もう大丈夫なんだ。」と気付き、痛みの信号を出さなくなります。

「これなら新幹線に乗って帰れそうだ。」
「また半年後に会いましょう(笑)」
これは冗談です。もうぎっくり腰にならないといいですね!


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す