ぎっくり腰の改善事例 (品川区・30代・女性)

ぎっくり腰の改善事例 (品川区・30代・女性)

ぎっくり腰の女性が来院されました。
・昨日カーペットの張替をしていたらぎっくり腰になった
・昨日から満足に動けない
・子供を産んでから、大きいぎっくり腰だけで2回やっており、今回3回目

一人では歩けず、お父様に手を引かれて何とか来院されました。
「帰りはきっと一人で帰れますよ。」とお父様に伝え、お別れします。

さて、ブロックテクニックなど一連のぎっくり腰操作で施術します。

施術後、「状態を確認したいので起き上がってみてください。」
まだやや痛そうに、何とかゆっくりと起き上がります。

「矯正により腰はもう大丈夫なはずです。
 でも、脳は『腰を痛めた!!!』と強烈にインプットしたままです。
 そのため、動かそうとすると痛みを感じさせて、安静にさせようとします。
 ある運動をすることで、『もう動いても大丈夫!』と脳に教えてあげましょう。」
と言って、グループ独自の運動を数分してもらいます。

すると、最初はおそるおそる動いていましたが、次第に速く動けるようになります。
痛みも引いていったようです。
「先生、動けます!」

予定通り、一人で歩いて帰られました。

ぎっくり腰の原因・対処・改善もご覧ください。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す