ぎっくり腰の改善事例 (世田谷区・30代・男性)

ぎっくり腰の改善事例 (世田谷区・30代・男性)

gikkurigoshi
ぎっくり腰になりかけの男性がご来院されました。
・若い頃にぎっくり腰を頻繁に経験
・病院で腰椎分離症と診断され、腰にボルトを入れる手術
・その後、ぎっくり腰は無くなる
・30代になって腰に痛みが出始める
・ここ数日、またぎっくり腰の前触れのような痛みを感じる
目がかすんで見にくい

ぎっくり腰を何度か経験すると、また再発しそうという前触れが分かるようです。

多くの場合、顔を洗おうとかがんだ時など、何気ない動作でぎっくり腰になります。
しかし実は、かなり前から骨格の歪みにより腰の筋肉が緊張しっぱなしの状態です。
もう限界という状態で、ぎっくり腰になる最後の一押しが、何気ない動作なのです。
そのため、何度も経験されている方は、腰が何となくヤバイ!と前もって感じます。

急性の痛みは1週間ほどで和らぐことが多いです。
しかし、筋肉の炎症や損傷は回復しても、骨格は歪んだままです。
そのため、定期的に再発したり椎間板ヘルニアなどに悪化する場合が多いです。
再発や悪化を防止するには、骨格の歪みを整える事をお勧めします。

さて、施術1回目、検査は腰椎の歪みが出ました。腰椎の矯正を中心に施術します。
また、車の運転で前かがみの姿勢が長いせいか、後頭骨と頸椎の間が緊張気味。
これが目のかすみの原因と思い、手技で緩めます。

今日は2回目です。
前回の施術後、数日は自転車に乗った時などに若干痛みを感じた。
その後は腰の痛みが無くなった、目のかすみも改善した、とのこと。

当院では1~3回である程度痛みが楽になる事が多いですが、嬉しい限りです。
昔スポーツをされ筋肉がしっかりしているため、改善が早いようです。
筋肉が骨格を支えていますので、ある程度の筋肉はあった方が健康には良いです。

筋肉が炎症を起こし痛めている場合、矯正しても、痛みは数日残る場合が多いです。
しかし、骨格の歪みを整えることで、過剰にかかっていた筋肉への負担が和らぎます。
その結果、回復が早まり、次第に痛みが取れていきます。

痛みは無くなりましたが、あと何回か施術して、さらに骨格を安定させていきましょう!
そうすれば、自然治癒力が高まって、ぎっくり腰になりづらい体質に変化していきます。

ぎっくり腰の原因・対処・改善もご覧ください。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す