猫背の姿勢を直す簡単な方法

猫背の姿勢を改善するには

猫背は肩こり、腰痛、頭痛の原因になります。
分かってるけど、気が付くと猫背になる。
背筋を伸ばしても、すぐに背中が疲れて戻ってしまう。
そんな方多いのではないでしょうか。

そこで、猫背を改善する簡単な方法を2つご紹介します。
1.肩を回す
2.舌を上顎につける

猫背

肩を回す

肩を後方に回します。
できればやや内側に回します。
胸を開き、両方の肩甲骨を内側に寄せるイメージです。

肩を後方やや内側に回す

すると、自然に背筋全体がスーッと伸びていくのを感じられます。
肩甲骨を整えることで、連動して背骨全体が正しい位置に収まります。

自然に背筋が伸びる


舌を上顎につける

舌の正しい位置をご存知でしょうか。
舌の先を上の前歯のすぐ後ろの歯ぐきにつけます。上の歯には触れません。
そして、舌の広い部分を上顎にピタっとくっつけます。

舌を上顎につける

頭がうつむくと自然に猫背になります。
舌を上顎につけることで、頭がうつむくのをある程度防止できます。
首回りの筋肉が引き締まるからです。

舌を上顎につける・つけないで、どれだけ頭の安定に違いがあるかを試しました。
まず、舌を上顎につけない場合です。
頭を下げていくと、大きくうつむけます。

舌を上顎につけない場合大きくうつむけます

次に、舌を上顎につける場合です。
頭を下げていくと、先ほどより10度くらい浅い角度で止まります。
首回りの筋肉が引き締まるため、これ以上曲げられません。

舌を上顎につける場合先ほどより曲げられません

そんなに違いがないように見えるかもしれません。
しかし、頭は2.5cm 前に出るごとに、首の後ろの筋肉や靭帯の負担は4kgずつ増加します。
長期的に見れば、上顎に付けることで、体へのダメージをかなり軽減できるでしょう。

また、上顎につけると気道が広がり、鼻呼吸が楽になります。
つけないと気道が狭まって鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸の方が楽になります。
口呼吸は、風邪をひきやすい、虫歯になりやすい、など健康に良くありません。

気付いた時に姿勢を直すのが大事

肩を回したりして姿勢を直しても、また気付くと猫背になってしまうかもしれません。
ここで大事なのが、気付いた時にまた姿勢を直すことです。

筋肉は形状記憶的な性質があります。
悪い姿勢を長時間続けるほど、悪い姿勢が定着してしまいます。
背中の筋肉はパンパンに伸びお腹の筋肉は緩んだ状態で固まります。

気付いた時に姿勢を直せば、悪い姿勢が定着するのを防止できます。
ずっと良い姿勢を取る必要はありません。背中の筋肉が疲れてしまいます。
それよりも、気付いた時に姿勢を直す、を繰り返す方が大切です。

なお、座り方については、腰痛や肩こりを予防する座り方もご覧ください。


五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

“猫背の姿勢を直す簡単な方法” への3件のフィードバック

  1. 小顔になる!?舌の位置だけで変わること - 美容 情報 ポータル CurBeauty - キュアビューティ より:

    [...] 出典猫背の姿勢を直す簡単な方法 [...]

  2. 小顔になる!?舌の位置だけで変わること | newzz より:

    [...] 出典猫背の姿勢を直す簡単な方法 [...]

  3. 小顔になる!?舌の位置だけで変わること | きゅっと より:

    [...] 出典猫背の姿勢を直す簡単な方法 [...]

コメントを残す