カイロプラクティック施術家はサポーター、患者が主役

カイロプラクティックは本来の生命力を引き出すサポーター

カイロプラクティックには2つのアプローチがあります。

メジャー・・・本来の生命力があるかに着目して施術
マイナー・・・痛みのある部分に着目して施術(腰が痛ければ腰を施術)

本来のカイロプラクティックは、骨の歪みを矯正して自然治癒力を引き出す手技です。
そのため、メジャーのアプローチが本来のカイロプラクティックと言えます。
ここではメジャーのアプローチについてご紹介します。
カイロプラクティックの施術で本来の生命力をサポート

本来の生命力があれば施術しない

カイロプラクティックは自然治癒力(回復力)を尊重します。
自然治癒力が高ければ、様々な不調を体自身の力で回復できるからです。
自然治癒力が高いのは、本来の生命力がある時です。
若い頃はいつも元気でしたよね。あの感覚です。
メジャーの観点では、痛みがあっても、本来の生命力があれば施術しません。
体が痛みを回復できるためです。
もし本来の生命力がなければ、それを引き出すための施術をします。
本来の生命力があるかどうかは、検査により判断します。

通院のタイミング

骨の歪みは次第に大きくなります。

正常 → やや異常 → 異常

施術するベストのタイミングは「異常」の段階です。主に骨が完全に歪んでいる状態です。
「やや異常」の段階はまだ生命力に委ねるべきで、施術のタイミングではありません。
体が一生懸命回復しようとしているからです。
もちろん、「やや異常」で施術しても「正常」に戻すことはできます。
しかし、外部から力を加えることで、体の自然治癒力を低下させてしまいます。
薬に頼りすぎると免疫等の機能が低下するのと一緒です。

施術家はサポーター、患者が主役

一般的に
・施術家は治す人(ここではカイロプラクターの事)
・患者は治される人
のように認識されています。
しかし、この見方では、患者は施術家に依存した状態です。
患者はいつまでたっても本来の生命力を発揮できなくなります。
本来、施術家は、治す主体者ではなく、サポーターです。
患者の生命力が低下して自然治癒力を発揮できない時に援助する役割です。

通院間隔は自然治癒力の状態で判断

私は、患者様に通院していただく際、次回の施術まである程度の日数を空けます。
日数は患者様の状態を見て判断します。
今回の施術で生命力が高まったので、数日かけて自然治癒力で体が回復していきます。
しかし、骨格が安定していない間は、次第に歪みが戻り、再び治癒力が低下していきます。
そのタイミングで次回の施術(サポート)をすることで、さらに高い生命力を引き出します。
このように通院することで、生命力が階段を上がっていくように高まっていきます。
本来の生命力まで高まったら、外部からのサポートは不要なので、通院終了です。

コメントを残す