痛み・痺れ・麻痺

不快な感覚は
痛み → しびれ → まひ
の順に悪化していくことが多いです。

硬直した筋肉に末梢神経が圧迫されて「痛み」へ

脳・脊髄(中枢神経)を起点として、末梢神経が体全身に伸びています。

脳・脊髄を起点として、末梢神経が体全身に伸びる

末梢神経は筋肉の中にも伸びています。血管も同様です。
筋肉は、繊維の隙間に繊維が滑りこむことで、緊張して力を発揮します。(下の絵を参照)

筋肉が疲労や自律神経の乱れなどで緊張すると、末梢神経は圧迫されます。
また、筋肉が緊張すると、血管を圧迫して血流が低下します。
十分な酸素や栄養が筋肉や抹消神経に運ばれなくなります。
その結果、筋肉は、乳酸などの疲労物質が蓄積してさらに硬くなります。
末梢神経の圧迫も進みます。

末梢神経が慢性的に圧迫されると、神経の一部が損傷します。
これにより、痛みを感じるようになります。
末梢神経が損傷して痛みを感じる場合、マッサージ等をしても痛みが取れなくなります。
筋肉が緊張して末梢神経を圧迫して痛みが発生

痛みの原因は他にもあります。
筋肉の血流が低下すると、酸欠状態になって炎症を起こす物質ができ、痛みを感じます。
痛みの原因の多くは、この筋肉内の物質です。
しかし、痺れや麻痺に発展するのは末梢神経による痛みなので、簡単に記します。
また、関節を固定する靭帯にも、痛みを感じるセンサーがあります。
靭帯が長時間伸ばされると、痛みを感じます。

末梢神経が損傷して「痺れ」へ

末梢神経に微弱な電気が流れることで、脳と体は情報を交感しています。
神経が損傷すると、そこから電気が漏れて近くの末梢神経に流れてしまいます。
こうした異常な電気が流れると、脳は痺れを感じます。
感じ方は、じーん、びりびり、ちくちく、むずむず、冷たい、など様々です。

損傷が悪化して「麻痺」へ

末梢神経の損傷が悪化すると、痺れから麻痺に移行します。
末梢神経の情報伝達が機能しなくなった状態です。
動作に支障がでたり(運動神経)、触ってもよく分からなくなります(感覚神経)。

例えば、先日当院に、肩の筋肉が板のように硬直している患者様が来ました。
これだけ肩が酷使されていれば、押すと痛いはずです。
しかし「全く痛くありません」とのこと。
元々は痛みを感じていたのですが、悪化して無感覚になっているのです。

痛みや痺れを何度もマッサージでごまかしているうちに、麻痺に至るケースが多いです。
血行改善やリフレッシュのため、たまにマッサージを受けるのは良いことです。
でも、根本原因を改善しないかぎり、すぐにコリや痛みがぶり返します。
イタチごっこのようにマッサージし続けるのは、悪化の原因となりますので辞めましょう。

20代までは、症状が軽度で回復力も高いため、マッサージである程度効果を感じられます。
30代以降は、症状が重く回復力も低下するため、マッサージで効果を感じづらくなります。

改善による感覚の変化と好転反応

適切な施術を何度かするうちに
麻痺 → 痺れ → 痛み → 痛みも無くなる(健康)
と感覚が変化していきます。

麻痺まで進行していると、改善にはやや時間がかかります。
骨格の歪みを整えて筋肉の硬直を解除しても、末梢神経は損傷したままです。
そのため、神経が回復するのを待つ必要があります。
 
麻痺(無感覚)から痛みやしびれに変化した際、悪化したように感じる患者様が多いです。
何も感じなかったのが、痛みやしびれを感じはじめたのですから、気持ちは分かります。
でも、これは改善に向かう途中で起こる、正常な感覚の変化ですので、問題ありません。
無感覚よりもしびれ、しびれよりも痛みの方が、良い状態なのです。

東洋医学では好転反応とよぶ現象です。
瞑眩 (「めんけん」または「めんげん」)とも言います。
治療の過程で一時的に起こる身体反応です。

早期の改善をお薦めします

症状が重くなるほど、改善には時間がかかります。
できれば「痛み」、遅くても「しびれ」の時点で、根本的に改善することをお薦めします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す