体は使わないと衰えます

体は使わないと衰えます。
入院や風邪で数日寝込んだだけで、かなり筋肉が弱くなった経験、ありませんか?

関節は使わないと硬くなる

関節は使わないと硬くなり、動く範囲が小さくなります。
なるべく体を動かすようにしましょう。

膝などの関節が痛いと、動くのが億劫になります。
でも家でじっとしていると、さらに硬くなり悪化します。
可能な範囲で動いた方が改善します。
ただし、急性の痛みがある場合、数日安静にした方が良いです。

歩くのが一番の運動

誰でもできるお薦めの運動は、歩くことです。
体全体の関節が使われます。
散歩だけで、体を支えるための十分な筋肉がつきます。

筋トレやスポーツのようにやり過ぎて痛める心配がありません。
東京マラソンなどで流行のジョギングは、膝に体重の8倍ほど負担がかかります。
散歩が一番のリハビリテーションと言えます。

腰痛、肩こり、膝痛を予防する立ち方の要領で、重心を後ろよりにして歩きます。
自然に背筋が伸び、良い姿勢で歩けます。
関節の可動域を広げる意識で、肩、膝、股をなるべく大きく動かします。
散歩は関節を動かす良い運動

お風呂で関節を柔らかくして動かす

お風呂の中や湯上がりに、関節を動かすのもお薦めです。
温まると、血行が改善し、筋肉が柔らかくなり、動く範囲が広がります。
いつもは痛くて動かせない角度まで、お風呂の中なら動かせると思います。
お風呂で温まると関節が柔らかくなり関節に良い
例えば、膝痛に悩む方は、膝の曲げ伸ばしを習慣にすると良いです。
可能であれば、お風呂の中で正座を30秒ほどしてみましょう。
正座により、自然と骨盤が立ち、膝関節が伸ばされ、血流が改善します。
浮力が働くので、いつもより楽にできます。
毎日行えば、少しずつ膝が動く範囲が広がります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す