眠れない夜は呼吸法「数息観」

悩み事があると布団に入ってもつい考えてしまう。
考えているうちに目が覚めてきて、眠れなくなった!
寝よう寝ようと焦るほど、興奮して眠れなくなる。

眠れない夜は焦るほど興奮して眠れなくなる

こんな経験ありませんか?
(実は私が昨日そうでした)

夜眠くなった時のお薦めの方法をご紹介します。

眠るには副交感神経を優位に

まず、睡眠に欠かせない自律神経の仕組みを見てみましょう。

自律神経は、自分の意志とは無関係に、体の調整を行う神経です。
内蔵や血液まで全身をコントロールします。
自律神経は、交感神経と副交感神経にわかれます。

交感神経・・・運動時など、体が興奮している時に働く
副交感神経・・食事中や睡眠時など、体がゆったりとしている時に働く

交感神経と副交感神経は、シーソーのようにお互いバランスをとっています。
交感神経 > 副交感神経 なら活動モード
交感神経 < 副交感神経 なら休息モード

つまり、眠るためには、副交感神経が優位になる必要があります。

意識的な深い呼吸で副交感神経を優位に

自分の意志とは関係無く働く体の領域に働きかける際、有効なのが「呼吸」です。
呼吸は普段は意識せず行います。
でも、深呼吸など意識的に呼吸することも可能です。
呼吸は、意志で働く領域と、意志とは関係無く働く領域の、中間に存在します。
意識的に深い呼吸をすることで、意志とは関係無く働く領域に働きかけることができます。
そのため瞑想やヨガでは呼吸が重視されてきました。
深い呼吸をすることで、交感神経優位から副交感神経優位に切り替えることができます。

数息観で悩み事から意識を離す

眠る際に深い呼吸を意識的にするだけでも効果があります。

でも、悩み事が頭から離れないと、頭が活発に働いて興奮するため、
交感神経 > 副交感神経
から抜けだせません。

そこで「数息観」という呼吸法が有効です。
数を数えながら呼吸をする方法です。

具体的な方法
1.できるだけゆっくり大きく呼吸します。
  腹式呼吸の方がさらに良いですが、胸式呼吸でもかまいません。
2.吸いながら「1」、吐きながら「1」を数えます。
3.吸いながら「2」、吐きながら「2」を数えます。
4.吸いながら「3」、吐きながら「3」を数えます。
5.同様に数を増やして行う。
これだけです。

数の数え方は
吸いながら「1」、吐きながら「2」、吸いながら「3」、吐きながら「4」、・・・
でもかまいません。

深い呼吸にくわえ、継続的に数を数えて悩み事から意識を離します。
これにより、確実に副交感神経優位に切り替えることができます。

ぜひ、眠れない夜に試してみてください。

なお、普段から眠れない日が多い場合、自律神経のバランスが崩れている場合があります。
当院では自律神経のバランスを調整できますので、お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
五反田と大崎で、腰痛、肩こり、頭痛ならいやさか整体院

コメントを残す